スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見せる収納/隠す収納

繁忙期の月初が終わり、ほっと一息のままぃです。

前回のエントリでぱぱぃが隠れPC室について書いていますが、この提案をぱぱぃがしたときに同時に全く同じことを考えていました。最初に二人での生活を開始したマンション時代から、我が家では夜の自由時間はお互いにPC作業をすることがほとんどです。今この瞬間もダイニングテーブルに向き合って、それぞれのノートPCで作業しています。建替前の旧宅ではリビングの一画にデスクを置いて、PCスペースにしていましたが、どうしてもPC周りは散らかる…。隠れPC室は、中にデスクトップ1台、プリンタ1台、ノートPC2台のほかに、雑誌や書籍、お互いの仕事カバンなども置いてあるので、扉を開けるとエライ惨状ではあります。でも扉を閉めれば、あ~ら不思議。一瞬で、見た目すっきり。時間のゆとりのない共働き家庭では、最強の空間です(笑)

スタイルワン建築設計事務所のN氏とS氏との事前打ち合わせのときから、意識していたのは"散らかる部屋と散らからない部屋を分けること"でした。特に子どもが小さいこともあり、リビングとダイニング周辺はどうしても散らかりがちです。でも過ごす時間の長いリビングとダイニングは、できるだけすっきりしておきたい。それがままぃの悲願でした。

そこでリビングが散らかる原因のひとつとなる細々したモノを収納する棚を隠れPC室と同じ一画につくってもらいました。この棚については、某ハウスメーカーのモデルハウスと、仮暮らししていたURの間取からヒントを得ました。

写真左は電話台、右側の折戸を開けるとダボレールの棚になっています。
収納

さらに小さい子どもがいる家庭でリビングが散らかる最大の原因である子どものおもちゃは原則として、全て子ども部屋に移動しました。リビングにはそのとき一番お気に入りのおもちゃ1~2点だけを持ち込むようにしています。子ども部屋は"散らかっていていい部屋"として、どんなにpesoriがパズルをぶちまけようとも、ブロックを散乱しようとも、気にしません。ドアを閉めればOK。もっともpesoriは保育園児なので、3歳で片付けの習慣は身に付けつつあります。

その他、寝室は安全上の理由からタンス等の家具は置きたくないと考え、家族全員分の衣類を1室にまとめました。その通称"着替室"は、上田康允"安らぐ家は「間取り」で決まる"(成美堂出版,2005)を参考にしました。なおこの本からは他にも色々アイデアをいただいているので、あらためて。

以前にも書きましたが、書籍は共同図書室を設けて、そこに全て保管する計画です。今はまだダンボール箱に入ったまま山積みされていますが…。とほほ。

洗面所兼脱衣室も細々したものを保管する必要があるため、ダボレールを活用したかなり大容量の棚を確保し、洗面台自体も収納力の高いものを選びました。
脱衣室の収納 洗面台

一方で見せる収納というか、飾りたいものについてはオープンな棚をダイニングに用意しました。いまはまだ活用しておらず、現状ではいただいた年賀状などの一時置き場となってしまっていますが…。将来的には"飾り物系"は写真右側の棚にまとめたいと思っています。写真左側の低めの棚は、当初からの想定どおりティッシュペーパーや当日の新聞などダイニングテーブルで使用するモノの置き場になっています。
飾り棚

なおこの棚は、ダイニングとキッチンとの境のカウンターでもあり、キッチンの手元をキレイに保つ自信は皆目なかったので、あえて少し高めにしていただきました。これは大正解!!

旧宅では"どこもかしこも散らかっている"という非常に情けない状態で、常に"片付けなくてはと思いつつもできない"というものすごいストレスを日々感じていました。そのストレスから脱したくて、新居の計画を練りました。"散らかるスペースと散らかさないスペースを区別する""散らかる場所は見えないようにする"という方針は、非常に安直ではありましたが、現実に時間的余裕のない我が家にとってはつくづく適切な判断だったな~と思っています(笑)
スポンサーサイト

テーマ : 家作り日記
ジャンル : ライフ

隠れPC室


ぱぱぃでございます。

ままぃが「隠れPC室」と前タイトルのコメントに書いたので、どんなものか?紹介いたします。

さて、コレがそうです。
隠れPC室

見かけはただの扉付きの物置で、ダイニングにあります。

この扉を開けると...
隠れPC室内
ご覧の通り、タダの物置です。

実際のところ、設計初期段階では物置空間だったのですが、スタイルワンのN氏に、「閉じこもって隠れながらPCをゴソゴソやりたいんですがー」と言ったところ、そのまま盛り上がり、そんじゃー机板、コンセント、LAN、それとダボレール付けちゃいましょうということになりました。この時点で、この空間の呼称が「隠れPC室」となりました。上部の茶色ボックスはウォルボックスです。これは私の趣味用途で、ここから小屋裏にCD管が通してあります。

現在は棚板が3枚入れてありまして、上部は物置、机板下部はプリンタやシュレッダなどが置いてあります。椅子はそのまま収納できるように丸椅子を使用しています。また照明は棚板にクリップライトを付けています。

これからおうちを作られる方で、うちも隠れPC室を作ってみるべかという方は、机板にコード通しの穴を空けてもらうとさらに便利だと思います。

以上、隠れPCでした。

テーマ : 家作り日記
ジャンル : ライフ

どうなる我が家のシャノン!?

先ほどyahooニュースを見ていたぱぱぃが見つけたのだけど、何とエクセルシャノンが"耐火偽装"だそーです。シャノンだけでなく、三協立山アルミ、新日軽、PSJ、H.R.D SINGAPOREの計5社とのこと。

<耐火偽装>サッシ5社が性能不足の窓販売 国に虚偽報告も
1月8日21時40分配信 毎日新聞

 国土交通相認定の防耐火材の性能偽装問題で、国交省は8日、エクセルシャノン(東京都港区、中村辰美社長)などサッシメーカー5社が性能不足の防火樹脂製窓を販売していたと発表した。住宅とビル用の計27種類80製品で、約5500棟で使用されている。必要な性能が65%しかないものもあった。エクセルシャノンでは中村社長が不正を隠ぺいし、国交省の調査にも虚偽報告していたという。同社は「新製品の開発が困難で試験体を偽装した」と説明している。

 その他の4社は▽三協立山アルミ(富山県高岡市)▽新日軽(江東区)▽PSJ(中野区)▽H.R.D.SINGAPORE(シンガポール)。

 国交省によると、防火樹脂製窓は20分間の耐熱試験に合格しなければならない。5社は(1)火災時に膨張してすき間を埋める遮炎材を増量する(2)補強用鋼材を緊密化する(3)本来必要なシーリング材は燃えやすいため用いない--などの方法で試験体を偽装していた。

 大手建材メーカー「ニチアス」などによる偽装を受け、国交省は防耐火材メーカーの調査を実施。だが07年12月に5社は「(不正など)問題はない」と報告していた。国交省建築指導課は「極めて悪質」とし、80製品の認定を取り消す。【高橋昌紀】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090108-00000127-mai-soci

我が家の窓は、Vesttechがメインですが、一部にまさしくシャノンサッシの防火窓を採用しているので、ドンピシャ。エクセルシャノンのサイトによると、無償改修してくれるようだけど、5,500棟の交換を行うのにどのくらいの期間が必要になるのでしょう??

きっといま着工中のおうちで対象のサッシを導入予定のところは、工期が延長になったりするのかな。スタイルワン建築設計事務所のみなさまをはじめ、影響をこうむる方の心中お察し申し上げます。

テーマ : 家作り日記
ジャンル : ライフ

換気装置の掃除

 明けましておめでとうございます。
 2009年一発目はぱぱぃでございます。

 うちの換気装置はPanasonicのFY-250ZDS2(オリエンタル冷熱さんの設置・施工)が設置されております。換気装置のリターンは3週間に一回くらい掃除機で吸っております。本体のフィルタは年1-2回ほど掃除してくださいと取説に書いてあり、まだ1.5ケ月しか稼動していないので早いとは思いつつも怖いもの見たさで本体の点検蓋を開けてフィルタを取り出してみました。
 最初に室内側のフィルタですが、リターンのフィルタを通ってきているせいかあまりホコリは付いていませんが薄茶色になっていました。恐らく室外吸気側フィルタを通過した微細な砂埃やらが付いている感じでした。
 さて室外側フィルタですが、当然外気を吸っているので茶色くなっているところまではOKです。オマケは虫がくっ付いているといったところでしょうか。(間違いなく、ままぃはこれを見て絶叫しちゃいます)
まぁ、冬場なのでそう多くはないですが、夏場にフィルタ掃除をするときはままぃを呼んでみようかしら。

テーマ : 家作り日記
ジャンル : ライフ

この感じは如何でせう?


突然ぱぱぃ登場です。

いつぞやままぃが書いた「あれれ?立水栓」のその後(11月初旬の風景)です。
塗装屋さんに「外壁の色と合わせてください」とお願いしたところ......

どど、どうですか。この配色!

立水栓

では、続いて正面からの画像をどうぞ。

擬装立水栓

「うわっ、壁にいきなり蛇口が付いとるでぇ!」と言わんばかりの擬装(カモフラージュ)塗装です。

塗りなおしてもらいましょうかという話もあったのですが、アート?を感じてしまい、このまま残してもらうことにしました。なお、この排水受皿は現在は無く、排水受けは外溝の一部としてレンガ+モルタルで作りなおしてもらいました。

テーマ : 家作り日記
ジャンル : ライフ

プロフィール

pesori

Author:pesori
pesori(8歳児)とぱぱぃ(夫)との三人暮らしでしたが、2010年夏に第二子誕生し四人家族になりました。
専門職としてフルタイムで働く母親です。


リンクフリーですが、コメントで教えていただければ尚嬉しいです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。