スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第14回打ち合わせ

2008年6月15日(日) 16時00分

仮暮らし先にて初めての打ち合わせ。着工後は現場打ち合わせになると予測。もしかして仮暮らし先での打ち合わせは最初で最後だったかも!?

今日の主題は、換気システムについて。

新居は、スタイルワン建築設計事務所さんが多数扱っているダイキンの"エアカルテット"という顕熱交換の24時間換気システム+全館空調を導入する予定になっていた。ところが先日階段の踊り場を確保するために小屋裏への固定階段もつなげてほぼ3階状態になったことで、確認申請にて"換気システムの容量が不足する"と修正の指示が入ったとのこと。正直、どういう計算になっているのかはさっぱりわからにゃい。けど、お役所から修正指示が入ったからには修正しなくてはならないことは、十分わかる。

そんなわけでスタイルワンの主任設計士のN氏とS氏から提案されたのは、以下の3つの選択肢。
ア)換気システムの機種は変更せずに、2台に増やす。
イ)換気システム+空調のメーカーを変更する。
ウ)小屋裏の入り口に扉をつける。

このことを最初にN氏から電話とメールで連絡を受けて、ぱぱぃと話し合っていたときには、ウ)でよいかなと考えていた。ただ立面図とあわせて検討していくと、小屋裏の入り口は高さ140cm×幅90cm程度。もともと中腰で出入りしなくてはならないところに扉をつけるのは、使い勝手がよくないのでは?という疑問が浮上。

そんなわけで打ち合わせにおいて、素人なりの検討の経過を伝えた上で、それぞれのメリット/デメリットを伺う。ア)は、値段が上がるだけで、大したメリットがなく確認申請が通過できるだけの手段。で、やはりイ)かウ)かの選択になる。そこでそもそも何故スタイルワンさんがダイキンのエアカルテットを主に採用しているのかの背景と理由についてさかのぼって伺い、その上でイ)のメリットを聞かせていただく。

背景は色々あるものの、要するにエアカルテットの最大の魅力は顕熱交換で加湿と除湿が可能なこと。欠点は、外気をそのまま取り入れることができず、常に熱交換機能が働くため、5月や10月などの外気候のよい時期に魔法瓶効果で室内温度が高くなり、窓を開けるかエアコンを稼動させる必要があること。

今回の指摘を受けて、スタイルワンさんと空調屋さんが色々調べてくれた結果、国産の他メーカーに顕熱交換で外気をそのまま取り入れるバイパス機能への切替が可能な換気システムが見つかったということで、イ)の提案ではその換気システムが採用されている。省エネルギーを考えるなら、バイパス機能は必須。これまで国産メーカーにはパイパス機能をもつ顕熱交換換気システムがなかったので、わざわざ海外製品を検討していた施主さんもいたらしい。

そんなわけで、色々お話を伺った上で、再度ぱぱぃと検討し、エアカルテットにはお別れして、このイ)の選択肢に変更することになった。結果的には、より良い機能の換気システムを導入できるので、確認申請で修正指示が入ったことに感謝なのだ。

ちなみに全館空調については、今でも"もしかして贅沢では?"と思うこともある。ただ、都内ではエアコンなしでは夏は越せないし、エアコンで一番電力を食うのは稼動直後の室温をあげたり下げたりするときで、一度適温になった室温を維持するときにはほとんど作動していない。従って、むしろ高気密高断熱住宅にて全館空調を導入して設定温度を夏は高めに、冬は低めに設定しておくことで、実際にエアコンが稼動する時間を大幅に減らすことができ、結果的には省エネルギーになる。

率直に言って、これまで住んでいた築43年の断熱材が一切入っていなくて、隙間風がぴゅーぴゅー入ってくるような家で、夏はエアコン+扇風機、冬はホットカーペット+灯油ストーブ+エアコンで乗り切らずを得ないような状態よりもは、高気密高断熱の家で全館空調で設定温度を控えめにしておく方が、ずっと省エネルギーではないかなと考えて、全館空調を導入する判断には納得している。

それでも建替後にどうしてももったいないと思ったら、我が家は通風も考えて窓を配置してあるので、全館空調のエアコンをオフにして、窓を開ければ良いだけなのだ。
スポンサーサイト

テーマ : 家作り日記
ジャンル : ライフ

良い知らせ&イマイチな知らせ

桜の季節ではなくなったので、新緑イメージのテンプレートに変更。建替記録にF2Cを選んだ理由には、テンプレートの豊富さがあるので、せいぜい楽しまなくては(笑)

数日前に、スタイルワン建築設計事務所のN氏から電話があり、"良い知らせと悪い知らせがあるのですが…"と言う。聞いてみると、悪い知らせというよりイマイチな知らせ程度でホッ。

そのイマイチな知らせとは、キッチンの勝手口のフレンチドアは下半分がパネル貼で、上半分が型ガラスのものを希望していたのだけど、そのタイプは防火指定がとれておらず使用不可とのこと。上下ともに型ガラスのタイプは防火指定がとれているので、そちらに変更。勝手口の向かい側は、私道をはさんで隣家の玄関なので、型ガラスだけではこころもとなくカーテンでもつけることになるかな。

良い知らせとは、我が家のメインの窓となる"vest tech"の防火指定の窓は金網入りになるとのことで、あきらめていたのだけど、このたび耐熱(耐火?)ガラスでも可になったとのこと。金網入りか、金網ナシかでは視界が大きくことなるので、こちらはかなり嬉しい良い知らせ。やったぁ♪

ちなみに明日5月17日(土)は、現在の家での最後のスタイルワンさんとの打ち合わせを予定していたのだけど、引越しの準備が間に合わないため延期。まあ、計画自体はほとんど決定済みで、すでに建築申請の段階に入っているし、必要があればN氏から連絡をいただけるので心配はないけど。

テーマ : 家作り日記
ジャンル : ライフ

第13回打ち合わせ

2008年4月22日(土) 10時30分

自宅にて定例の月1回の打ち合わせ。気がついてみれば、来月末には引越し、再来月には解体着工なので、事前打ち合わせとしては文字通り大詰め。

今日の主題は、時間をかけて見直すなかで出てきたいくつかの気になる点についての検討。さすがにここまでくると即決というわけにはいかず、結構じっくり検討しながら判断した打ち合わせとなった。

その壱:階段の踊り場について
現在の自宅はかなり急な勾配の階段で、途中から踏面も狭くなっており、毎日恐い思いをしている。夜中にぐずるpesoriを抱っこしながら何度転げ落ちそうになったことか。一方、ままぃの実家は踊り場もある階段で上りやすく、ままぃは最初から階段には踊り場が欲しいなあと思っていた。新しい家もU字階段になるのだど、もともとの案は、5枚で回るようになっていた。これでも通常よりは緩やかなカーブとのこと。

以前にままぃが踊り場について相談したときには、階段下のトイレの天井高が確保できないので難しいという説明を受けて、それ以上は検討しなかった。ところが何のきっかけだったのか、数週間前に唐突にぱぱぃが"あれや、やはり階段には踊り場があったほうがええで。あんたの言うてたことがようやく分かったで"と言って、スタイルワンさんとメールで再度検討を始めた。

そこで今日提示された提案は、屋根の形状を変更して、踊り場を確保し、さらに別の場所にあった小屋裏への固定階段もつなげてしまうという案。ほぼ3階状態。踊り場ができるのは嬉しいけれど、もともとのシンプルな切妻屋根もとても気に入っていたので、悩みどころ。

ただ屋根の形状はさほど見えないけれど、階段は毎日の生活の快適さに影響するということと、機能性と実用性を重視する判断基準から、この提案に修正することになった。100cm幅で、踊り場のあるというかなり緩やかで安全な階段が実現するのは、とても嬉しい。

その弐:ハイブリット断熱(もどき?)について
新しい家の外壁は、無塗装サイディングにベンガラ色を現場塗装してもらうことになっている。この塗装を、遮熱効果の高いガイア?という塗料に変更することになった。そもそもはスタイルワンさんの手がけるハイブリット断熱(充填断熱+外断熱)について質問したことから発生した変更。

つまりスタイルワンさんの場合、2×4では充填断熱だけでは厚みが足らず十分な断熱性能が得られないため外断熱を追加してハイブリット断熱することを標準にしている。一方、2×6の場合には充填断熱だけで十分に断熱性能を確保できる厚みがあるので、充填断熱だけとしている。もちろん施主が希望すれば、2×6でもハイブリット断熱することは可能。

ぱぱぃは関西人なので光熱費をできるだけ抑えたいし、ままぃは亡くなった祖母の影響で省エネルギーをとても重視しているので、我が家はできれば無暖房住宅を目指したい。断熱性能と気密性能が高ければ、それだけ無暖房住宅に近づく。高断熱住宅では、5月や10月などの中間期に魔法瓶効果で室内温度が高くなるけど、その時期には窓を開けて換気すればよいだけ。なのでハイブリット断熱はかなり魅力的。

一方で、2×6は、2×4よりも構造的に頑丈になり耐震性などは高くなるので、断熱のために2×4に変更するのは本末転倒に思う。とはいえ、2×6でハイブリットするのは、費用面からも少々厳しい(費用については30万円程度の増額とのことなので、全く手がでない額でもない。むしろ30万円で外断熱を追加できるのかという驚きが大きい)。

そんなこんなで悩んでいたら、S氏が遮熱効果のある塗料を外壁に使用することを提案してくれた。つまりハイブリット断熱の場合の外断熱は遮熱目的が中心なので、塗料を遮熱効果の高いものに変更することで、実質的なハイブリット断熱を実現するという提案。費用も数万円の増額とのことなので、とりあえず見積もりとベンガラ色ができるかどうかを確認していただくことになった。

もしその塗料でのベンガラ色が無理だった場合には、防水透湿シートを遮熱効果のある"タイベック・シルバー"に変更する予定。

ちなみに遮熱を最も必要とする屋根については、一番初めから"銀次郎"という遮熱ボードを設置することになっているので安心なのだ。

その参:その他もろもろ
その他、ベランダの拡張案とか、階段下収納についてとか、浴室のドアの変更とか、ホームシアター用の配管についてなどなどについて確認。実はこのエントリは一度下書きしたのに、保存前に消えてしまった。下書き時点ではベランダについても長々と書いたのだけどな。残念。

テーマ : 家作り日記
ジャンル : ライフ

第12回打ち合わせ

2008年3月15日(土) 11時00分

最近は、月1回の打ち合わせで定例化。ままぃの仕事が忙しくて日程が確保しにくいのと、着工時期に対して打ち合わせの内容が十二分に進んでいるため。今日の打ち合わせで打ち合わせなくてはいけないことはほとんど終わってしまったような。残るは、引越しの準備か!?

今日は、スタイルワン建築設計事務所に伺って第12回打ち合わせ。出かける前に、引越しプレ準備のための片付けを1時間強行ったので、すでにクタクタ。もともと過労気味の状況でもあり、打ち合わせ最後の方は"もう何でもよいです"状態に陥ってしもーた。てゆうか、畳のヘリやふすまの柄なんてこだわりないので、何でもよいのだ。ぱぱぃに回答をまかせたら、"松竹梅グレードがあるなら竹と梅の間あたりでお願いします"と。素敵だ(笑)

今日のお題は、主に内装。

まず窓について。vest techについてはそろそろ発注するとのことで、最終確認。対ユーロの円高を切望。階段の窓の高さを開閉できるように手が届く位置にすると、2階のほかの窓の高さと合わなくなり、外観上おかしいことに気づいたので、ここは美観をとり高さを合わせていただくことに変更する。階段の窓の外側の清掃なんてほとんどする余裕はないし、必要なときに開けられればどうにでもなるだろう。

その他、型ガラスにする窓を確認。vest techの外側塗装の色は、二人で同時に"ウォールナット"を指差し、窓関係はたちどころに完了。

次に、共同図書室のドア。共同図書室というのは、ぱぱぃもままぃも育児が一段落して時間に余裕ができたら、できればまた勉強を再開したいと願っている。だけど、全員が個室を持つ広さはないし、重複して利用できる書籍や資料もあるので、それならば共有の勉強部屋をつくろうと思ったのが共同図書室。

その共同図書室には、アップライトのピアノが設置される予定。図書室にピアノは矛盾しているようだけど、そこは家族同士だし、誰かがピアノを弾くときに静かに勉強したいヒトはリビングでも子ども部屋でも好きなところに行けば良いだけだろう。

そのようなわけで、ピアノが置かれるので、共同図書室のドアは室内ドアだけど、防音性の高い輸入の玄関ドアを使う提案を受けていた。ところがこのドアの有効内寸が660mmなので、ピアノやデスクを運びこむときにギリギリでは?ということになり、パイン材の親子ドアに変更。防音でなくなってしまうのが難点だけど仕方ない。帰宅後にぱぱぃが計測してくれたところ、ピアノの幅は645mmだったので、親子ドアに変更して正解。ちなみに対外的な防音対策は、もともと高気密高断熱住宅で防音性は高いので、特には必要なし。

で、本題の内装。

室内の壁は、オガファーザーをメインにすることに以前決定済み。オガファーザーは再生紙とウッドチップから作られているドイツ製の壁紙。調湿効果にとても優れているらしい。実はスタイルワン建築設計事務所さんと出会う前から気になっていた製品だったので、何も希望する前に"オガファーザーはいかがですか?"と提案を受けたときには、とても嬉しかった。

オガファーザーには表面の凹凸の出方の違いにより、ラージ/ミックス/スモールの3種類がある。このなかから、メインの使用にスモールを選び、塗装は天然塗料のデュプロンのクリーム3%に決定。我が家のほとんどの壁は、この組み合わせになる。ものすごくシンプル。ただ、子ども部屋には少し色をつけてあげたかったので、ミックス+デュプロンの黄土色3%に決める。スウェーデンのおうちみたいにブルーとかピンクとかの鮮やかな壁紙の子ども部屋も素敵だけどね。もう少しpesoriが大きければ、自分で選ばせてあげられたのに、残念。デュプロンは塗り替えが可能なので、成長したら自分で塗りなおしてもらおうかな。

次にオガファーザーを使用しない部屋の壁紙を選択。TOLIの自然素材系のカタログを用意していただいていたので、その中から選ぶ。1階トイレは、竹炭ケナフウォールのWEN7132という若干凹凸のある薄いオレンジ系。2階トイレは、同じシリーズの色違いでWEN7133という薄いブルー系。2階洗面所兼脱衣室兼洗濯室は、アースウォールWEN7036という薄いグリーン系。これはなかなか素敵な色なので、楽しみ。2階納戸兼着替室は、アースウォールのWEN7049という若干縦縞の入ったもの。この部屋はおそらく壁はほとんど見えなくなる予想。1階の和室(客間)は、砂壁調でちょっと明るめWEN7070、2階の和室(寝室)は砂壁調深緑色のWEN7069にそれぞれ決定。

内装で最も影響力の大きい壁紙をこんな短時間であっさり決めていってよいのか!?という気持ちもないわけではないけれど、基本的に室内には家具やカーテンなど様々な色やデザインが入り込んでくるので、壁紙はシンプルな方が良いと考えていることと、相変わらずぱぱぃとままぃの方向性ほとんど一致しているので、どちらか(主にままぃ)が"コレかなぁ~?"と指差すと、ぱぱぃが"あっ、先に指しよったな。やはりそれやと思ったで"という調子。

ちなみに畳のヘリはぱぱぃに決めてもらったけれど、ふすまはもう選ぶ気力がなくなっていたので、スタイルワンN氏に候補を提案していただくことにする。

持ち帰りの課題として、施主支給工事を含む電気配線図の第一案ができていたのでいただく。スイッチとコンセントの位置は非常に重要なので慎重に検討が必要。これは主になぜか電気工事士の資格を持っているぱぱぃの担当で、かねてより入手を依頼していた松下電工の電設資材カタログをN氏より頂く。帰宅後に、"やっとワシの出番やな"とつぶやいていたのだけど、あれっ?もしかしてもっと自分で決めたかったのかなぁとままぃは反省。そうだよね、一致することに安心しすぎてはいけないよね。わかった!! 次回以降の打ち合わせの主導権は渡したから、よろしくね、ぱぱぃ。

テーマ : 家作り日記
ジャンル : ライフ

第11回打ち合わせ

2008年2月23日(土) 14時45分

スタイルワン建築設計事務所のN氏とS氏のお二人に自宅に来ていただき、第11回打ち合わせ。午前中は出勤だったので、時間ギリギリに帰宅。お二人も前の打ち合わせが押したらしく、少し遅れて到着されたのでセーフ。打ち合わせの途中でぱぱぃがpesoriを保育園に迎えに行き、久しぶりの2歳児施主の登場。

本日のお題は着工時期と概算見積書の確認。

着工時期については、大工さんの都合により約1ヶ月遅くなり、6月中に解体、7月に着工、11月に引渡しの予定になった。これはむしろ我が家にとっては好都合なので、無問題。ままぃは仕事が怒涛になる年度始めの時期と引越しがずれるので、少しホッとする。

概算見積書は、そろそろ銀行に住宅ローンの仮申請をしようと思うので、依頼したもの。分離発注の場合には、業者さんごとに支払いを行うので、支払いの時期と金額が一覧になったものも併せていただく。当初S氏から総額の3分の1程度が中間費用として必要と聞いていたのだけど、3分の1よりは多い金額になっているので、少しやりくりを考えねば。

この打ち合わせでキッチン関係の動きがあったのだけど、また別項にて。
とはいえ目下、年度末で仕事が忙しすぎて、こちらの更新まで手が回らない状況。とほほ。

テーマ : 家作り日記
ジャンル : ライフ

プロフィール

pesori

Author:pesori
pesori(8歳児)とぱぱぃ(夫)との三人暮らしでしたが、2010年夏に第二子誕生し四人家族になりました。
専門職としてフルタイムで働く母親です。


リンクフリーですが、コメントで教えていただければ尚嬉しいです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。