スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

敷地調査

2007年11月30日(金) 15時00分

先週スタイルワン建築設計事務所の主任設計士N氏からメールが届き、本日敷地調査を行うことになった。立会い不要とのことだったので、何日でもかまわなかったのだけど、敷地内に入って測量していただくのに際し、近所のみなさまに不審に思われないように、立ち会える日を希望したのだった。ままぃは変則勤務なので、土日出勤はあるけれど、こういうときは平日休みがとれることが有難い。

我が家は何せ築43年の中古家なので、きちんとした測量図がない。家の図面すら、かろうじて見える複写があるという状態なのだ。建替を検討開始した当初に住宅展示場で訪問した某ハウスメーカーの担当営業さんが、"無料なので現状調査だけさせて下さい"と熱心に言うので、その後にしつこく営業しないことを条件に、現状調査をしてもらったことがある。その調査図をもとに、これまでスタイルワンさんとも、以前のハウスビルダーとも打ち合わせをしていたのだった。その現状調査書は正式な敷地調査書ではなかったけれど、これまでとても役に立ってくれたので、無料で作ってもらって少し申し訳ない気持ち(そしてきっとその費用は、実際にそのメーカーさんと契約した方々に肩代わりしてもらっているのだろうな、と思ってしまうけど)。

そんなわけで敷地調査。別に何がどうというわけではないのだけれど、何となく家作り初の実際の作業光景なので、ちょっと嬉しい。調査会社の方から"家のなかにいらしていただいて大丈夫ですよ"と言われても、pesoriを連れて測量作業の周辺をうろうろしてみたり。

我が家は南に公道、東西に私道が通っているのだけど、東西と北側の敷石がなく、どこが土地の境だかはっきり分からない。正直、家作りを始めて一番不安な要素。調査会社の方に、"実は境がさっぱり分からないのですが…"と伝えると、担当の頼りになりそうなお兄さんは"塀の中央から道路が作られることはありませんから、塀の外側までがお宅です"とめちゃきっぱりと答えてくれた。それでも西側は私道になる前は、一軒のおうちだったはずなので、内心微妙な不安は残るものの、お兄さんの経験による判断におまかせすることにした。餅は餅屋だ。

土地に関して明確にわかっているのは固定資産の対象となる土地面積だけ。ちょうどN氏が気にして電話をかけて下さったので、"もし固定資産の土地面積と違っていたら?"と質問すると、"固定資産と確認申請の面積は別物なので違っていても大丈夫です"とのこと。へっ?そんなんあり??

さらにお聞きすると、N氏いわく"固定資産の面積は測量が古いこともあり、確認申請は現状優先なので、別物なのです"とのこと。なるほど。またひとつ新たな知識が増えた。

寒くなってきたので家のなかに入り、結構な時間が経過し、"もうお兄さんたちは帰ったのかな。帰るときには声をかけますと言っていたけどな~"と思っていたら、玄関チャイムが鳴り、件のお兄さんが"終わりましたので、失礼します"とのこと。辺りはすっかり暗くなっており、何と2時間が経過していた。温かい飲み物でも差し入れてあげればよかったかなぁ。何にせよ無事に終了していただき、ありがとうございました。
スポンサーサイト

テーマ : 家作り日記
ジャンル : ライフ

キッチンメーカー選定 nr.2

またまたキッチンのはなし。
他はあまり悩まずさくさく決められるので、これだけは思う存分悩むこと自体をを楽しんでいるところ(笑)

先日INAXとHITACHIハウステックで作成してもらった見積もりをみた主任設計士のN氏から、"ウッディ系がお好きなようなので"と新しく教えてもらった候補が、"wellkit"というセミオーダータイプのキッチン。これがどんぴしゃなデザイン。セミオーダーなので自由自在だけど、扉は無垢材、トップは人造大理石、シンクはINAXで気に入ったセラミック塗装と、私の理想どおり。無垢材フローリングの我が家の雰囲気にもぴったり。

ただ理想どおりでないのがお値段。予算取りでは、キッチンは100万円の予算。多くのキッチンメーカーは分離発注だと定価45~60%程度になるそうなので、定価ベースで大体200万円程度になる。ところがN氏がざっととってくれた"wellkit"の概算見積もりは、カップボードを抜いた価格で100万程度になってしまう。むー。

一方、最有力候補のINAXだと、割引率が非常に良くて、カップボードを含めて予算内。扉材のグレードを少しあげることすら検討可能。

余談になるけど、繰り返し痛感するのは分離発注の費用効率の良さ。リフォーム会社の新聞チラシを見ても、同一製品を同価格ではとても導入できない。いかに中間経費が無駄かということだと思う。コストダウンのためなから多少の手続きの煩雑さなんて、なんのその。むしろそこも含めて家づくりを楽しむのだ。

で、話を戻して。
ぱぱぃは、"wellkit"の雰囲気の良さは大いに認めてくれつつも、概算見積もりを聞いた段階で、"一日のうちで台所にいるのは何時間くらい?もっと台所にいる時間が長ければ、お金をかけてもええけど、うちはちゃうでしょ?"と言う。ええ、おっしゃるとおりでございます(涙)

それでも無垢材のキッチンの憧れは一回では捨てきれず、"wellkit"の再見積もりをお願いしているところ。もちろんこれで予算内に収まれば、決める可能性は高い。でもそれはきっとありえないので、再見積もりは、納得してあきらめて選択するための手順なのだ。

いや、だって確かにキッチンは主婦としての自分にとっては重要だけど、ぱぱぃの指摘のとおりキッチンに立っている時間なんて、一日中合計しても2時間程度。しかも立っている時間は、ほぼ戦争状態のような慌しく料理したり片付けたりするだけだもの。優雅にお菓子を作ったり、麺を打ったりという使い方は夢ではあるけど、現状では絶対に果たせる可能性はない。

正直に言って、どのメーカーで入れても、それなりに慣れてしまうだろうとは思っている。だからこそ、あえて楽しみながら悩んで決めているだけだったりして…。

メーカーのほかに、キッチンでこれから悩むのはレンジ前の擁壁とカウンター前の内装。タイルの可能性が高いけど、レンガを使うことは可能なのかな~と気になっている。多分外壁でレンガを使用するのは予算的に厳しくなりそうなので、少なくとも外構では使用するとして、それ以外にも使用したいな~と願っている。次回打ち合わせ時にN氏に相談してみるつもり。

テーマ : 家作り日記
ジャンル : ライフ

ガスの復権

キッチンのコンロをガスにするか/IHにするかについては、最初に訪問した住宅展示場の最初のハウスメーカーの見学のときに聞かれて、"へっ!?"と虚をつかれたのだった。

それまで私自身には、オール電化はもとより、IHという選択肢すら考えたことがなくて、当然ガスでしょう、と思っていた。ところがどこのハウスメーカー/ビルダーの担当者からも、"省エネルギーならIH"と薦められ、とある神戸に本拠地を置く設計事務所さんからは"阪神淡路大震災では、ガス漏れで救助ができなかった住宅も多かった"と聞いたことが決め手で、"IHにしよう"と決めた。なので、最後の最後にスタイルワン建築設計事務所さんと会ったときには、最初からIHでお願いをしていた。

先日、見積もりを依頼するために、本腰をいれてキッチンのショールームを回ったときに、実際にIHのコンロを見ながら、自分が使用することを想像していて、どうしても落ち着かなかった。ガスコンロですら、スライド式ではなくダイアル式(というのか?)の火加減が好みの超保守派の自分。ボタンで強・中・弱なんて選ぶIHで料理する自分の姿は、想像不可。やはり、20年以上馴染んできたように、実際に炎を見ながら火加減したい。そう、強く思ったのだった。

そしてIHを選んで以来ずーっと気になっていたことがある。それは、IHやオール電化住宅により、電気に頼る比重が増えるほど、それは日本では原子力発電に頼る生活となるということ。もちろん電気のない生活には戻れないから、一方的に原子力発電反対とは言えない。だけど、頼らなくてもよい部分まで頼ってしまうのは、いかがなものかという疑問がどうしても抜けない。どんなにエコ住宅、自然建材を使用して環境にやさしい住宅、エコキュートでCO2削減といったところで、原子力利用は超長期にわたる最大の環境汚染のリスクを負う。

と素人ながら、学部時代に習った環境学の授業を思い起こして悶々としていたときに、mixi内の某家作り関係コミュニティで、まさに環境学の先生が同じ視点から"原子力反対の立場をとるなら、IHやオール電化はもってのほか"という主旨を書いていて、"あー、やはり"と膝を打った。

あと、てっきりスウェーデン留学中に使用していたのがIHだと思い込んでいたので、あれなら良いかと思っていたのだけど、つい最近欧米で普及しているのはラジエントであり、IHは日本だけと知り、吃驚したこともある。

その後も数日間、内心でずっと考え続け、ほぼガスにしようと決めたところで、ぱぱぃに伝えたところ、軽~く了解してくれた。念のために実家母にも伝えると、"電気一種類にしないほうが良いのでは"と、こちらも賛成。

そして先日の第6回打ち合わせに際して、主任設計士のN氏にメールで"実はガスにしようかと思っているのです"と伝えて、打ち合わせのときにその理由の話になり、第一の理由の"使い慣れている"ということの他に、"原子力がどうしても気になって…"と切り出すと、N氏が大きくうなづいて"実は自分も全く同感です"と言われた。本当にN氏とは、価値観や感覚が近いのか、理解してもらえているので、有難いな~と思っている。

あらためてN氏からも説明を受けたように、もちろん高気密高断熱住宅では水蒸気やCO2の発生しないIHの方が適していることや、オール電化にした方が基本料金等の観点から光熱費が安く抑えられることなどについては、十二分に理解している。IHは掃除が楽なことも、もちろん承知している。理解しているからこそ、ここまでずーっとずーっとずーっと悩んできたのだ。

だけど、だけど、もしIHを選んだら、新しいおうちで台所に立つたびに、絶対"IHにして良かったのかな"と悩むと思う。"絶対に毎日悩むよな~"と確信に至ったときに、それならやはりガスにしようと結論が見えて、気持ちの整理がついたのだった。

なので、我が家は新居もガスコンロで行くのだ。ただし将来的に転換可能なように200Vコンセントだけは設置しておこうかと計画中。

ちなみによく反IH派の理由にされる電磁波については、実はほとんど考慮の要因にいれてない。なぜなら、電磁波の影響は不確定な部分も多いため、不確定要素は可能な限り判断の根拠に入れない方が良いと思うので。

あ、もしかすると、この記事を読まれて、不快になられた方がいるかもしれません。
ただ私には、IHやオール電化住宅を選択する方を非難する気持ちも、否定する気持ちも全くありません。それは、それを選ぶ方の選択/判断であり、自由です。
単に私は、自分自身の選択/判断をどうするのか、という問題について書いているだけなので、誤解しないでいただきたいのです。

テーマ : 家作り日記
ジャンル : ライフ

第6回打ち合わせ

2007年11月15日(木) 10時00分
スタイルワン建築設計事務所にて第6回目の打ち合わせ。今月はままぃの勤務の都合上、週末に日程が確保できないため、ぱぱぃに休みを合わせてもらった。

今日のテーマは、床。

もともと家の建て直しを検討開始した当初から、無垢材のフローリングが良いなぁと思っていた。けれども、スタイルワン建築設計事務所さんと出会う前に話を進めていたハウスビルダーさんでは、予算の都合上、全面的に無垢材を入れることは叶わず、国産の安い合板フローリング中心の提案を受けていた。ショールームでそのフローリングの実物を見たときに、あまりのしょぼさにがっかりしてしまい、気持ちがめちゃくちゃ沈んで帰路についたことを思い出す。

その直後、スタイルワン建築設計事務所さんと最初に会ったときに、予算内で全面的に無垢材を入れることが可能と伺った。それだけでお願いすることを決めたわけではないけれど、でも個人的にはとても象徴的なエピソードなのだ。

で、床材。最初は漠然とパインにしようかとも思っていたのだけど、以前の打ち合わせでN氏からカバ材を提案いただき、サンプルを見て決定。これは今日改めてチェリーなどもサンプルを見たけれど、やはりカバ材にて変更ナシ。

そのカバの無垢材に、ウレタン塗装するか、天然オイルワックス仕上げにするかが悩みどころ。オイルワックスの方が、肌触りも格段に良いし、温かい。できるだけ自然素材を使用したいと思っているので、本当はオイルワックスに決めたい。

問題は2点。一つ目は、オイルワックスの場合には、1~3ヶ月置きにワックス掛けが必要になること。二つ目は、耐水性が弱いこと。

一つ目の問題については、ぱぱぃが"あかんあかん、できん"と一言。確かに。以前に住んでいた1LDKのマンションのLDK部分のフローリングすら、住んでいる間に一度もワックスをかけられなかった。今度は何せ和室と水周り以外は全ての床なのだ。確かに、これは無理だ。

二つ目の問題については、もうすぐ2歳のpesoriが液体を始終こぼすので、染みがあちこちについてしまうことが容易に想像できる。それでイライラするのは本末転倒なので、オイルワックス仕上げはあきらめることに決定。かなり残念ではあるけれど、仕方ない。実用一番。

水周りは、予算取りではクッションフロアになっているのだけれど、N氏が耐水性の高い竹のフローリングを見せてくれて、これが良い感じ。お財布の堅いぱぱぃが反対するかと思いきや、何故かすんなり"竹がええ"と言ったので、洗面所と脱衣室&洗濯室は竹のフローリングに決定。

トイレはクッションフロアにするか、タイルにするか要検討。大き目のタイルにすれば目地の掃除は大変ではないし、タイルの方が雰囲気は良いだろうなと思っている。

以上、あっさりと床材は決定。

その他、玄関ドアについて。これまでの案は窓が大きすぎることと、某ハウスメーカーの標準ドアに似ているのが、実は最初から気になっていたのだけど、予算的にそれしか無理かと思いきや、変更可能であることが判明。N氏が"気になっていることは何でも言ってください"と言って下さったのが、とても有難い。

あらためて検討し、もう少し窓部分が少なくて、あまり見かけないデザインのものに変更。今回決定したドアの方が、趣味に合うデザインなので、これはとても嬉しい。メーカーはどちらも"leksands dorren"。スウェーデン語が懐かしい。

ちなみにドアの並びにつけるサイドライトは仕入先が在庫を大量にかかえているとのことで、何とサービスに。ラッキー♪

その他、キッチン関係で大きな進展があったのだけど、また別項にて。

テーマ : 家作り日記
ジャンル : ライフ

キッチンメーカー選定

キッチンは、これまでにNaitonalとYAMAHAを見に行ったことがあり、今週末にHITACHIハウステックとINAXのショールーム、クリナップ、サンウェーブを見に行った。

YAMAHAのマーブルシンクはなかなか魅力的ではあるけれど、何だか人気がありすぎて、ちょっと敬遠な気持ち。

HITACHIハウステックは、対面式カウンター収納ありタイプが理想どおりなのだけど、あいにくダイニングの形状から収納ありタイプは入らず、造作で腰壁とカウンターをつくってもらうことになった。なのでキッチン自体はシンプルなI型。

正直言ってI型なら、どこのメーカーでも同じかもとも思うけど、実際に見てみると、何となくの印象も含めて、やはり違うのだ。

スタッフの対応も含めて、クリナップとサンウェーブは却下。HITACHIとINAXが二大候補になった。HITACHIのシンプルな三段引き出しはとても魅力なのだけど、INAXの汚れの落ちやすい加工のされた人造大理石天板と、傷のつきにくいセラミック塗装のシンクは捨てがたい。しかもセラミック塗装のおかげで、食器を落としても割れにくいらしい。

実は、先ほどぱぱぃのお茶碗をシンクに落として割ってしまったので、INAXに軍配があがりつつある今日この頃(笑)

テーマ : 家作り日記
ジャンル : ライフ

第5回打ち合わせ

2007年11月03日(土) 10時00分
これまでの打ち合わせはずっと自宅で行ってきたのだけど、今回第5回目にして初めてスタイルワン設計事務所に伺った。事務所は、三鷹の森ジブリ美術館の真ん前で、窓から見える借景の緑が素敵だった。

今日のメインは、窓。事務所での打ち合わせになった理由が、そもそも窓の実物を見るため。

まず"シャノン"の樹脂サッシ。うん、別に悪くない。次に、"pella"の内側木製、外側アルミクラッドの窓。あ~、やはり木製の雰囲気が良いなぁ。それに比べて白いアルミクラッドはイマイチ。む~。

で、最後に、"Vest tech"の木製窓。この重量感と雰囲気は、非常に魅力。これはやはり"Vest tech"の窓が一番良い。ダントツで惹かれる。

問題は、2つ。1つは、"Vest tech"は外側も木製のため、3~5年に1回は塗装が必要なこと。ただし某ハウスメーカーが入れている窓と違って、工場塗装のため、数年間に1度で大丈夫。これはぱぱぃに相談し、そのくらいならやれるとの回答を得て、解決。

最大の問題は、網戸。確かに我が家周辺には、蚊などの虫がいる。ただN氏によると、高気密高断熱の全館空調の家では、窓を開けたくなるのは、2月とか10月とかの季節の変わり目とのこと。つまり魔法瓶効果で家に熱が篭ってしまい、外気の方が涼しい季節だ。この時期なら、別に網戸なしで窓を開けてもさほど問題にはならない。

さらに、要所要所で"シャノン"のサッシにするため、網戸付の"シャノン"の窓を開けて風の通り道を確保できる。これで網戸問題も解決。

悩んでいたリビングの掃きだし窓は、結局"Vest tech"にして、木製引き違い網戸を導入することになった。木製網戸なのでゆがむ可能性を覚悟のうえで選択した。

ついでに今日は室内ドアをつける箇所と種類も決定。あまりドアのつく箇所は多くないけど、基本的にはパイン無垢材節ありタイプで決定。子ども部屋想定の部屋だけは、ままぃの主張で、上部に灯り取りの窓のあるヘム材を選択。別に子どもが引きこもりになることを心配しているわけでは全くないけれど、子ども部屋が密室になることには、何となく抵抗があるため。N氏の提案により、ヘム材のドアだけ色を塗ることになった。雰囲気が変わってむしろ良い感じになると思う。

リビングとダイニングの境は、当初仕切りなしの予定だったのだけど、どう考えてもダイニングは生活感溢れる部屋になると思い、気軽に来客を呼ぶためにも引き戸をつけてもらうことにした。これは3枚引きの型ガラスの引き戸の予定で、造作でつくっていただくことにした。楽しみ~。

さらに1階北側の部屋のドアは、灯り取りのために、"Vest tech"のガラスのテラスドアにした。本当は外用のテラスドアを室内用に提案してくれる柔軟性は、設計事務所ならではだな~とスタイルワンさんとの出会いにまた感謝したり。

そんなわけで2時間で、室内ドアと窓が全部決定。N氏からは"決定が早いですね"と言われてしまった。思い返せば、結婚披露宴の打ち合わせのときにも同じように言われたような気がする(笑)

テーマ : 家作り日記
ジャンル : ライフ

プロフィール

pesori

Author:pesori
pesori(8歳児)とぱぱぃ(夫)との三人暮らしでしたが、2010年夏に第二子誕生し四人家族になりました。
専門職としてフルタイムで働く母親です。


リンクフリーですが、コメントで教えていただければ尚嬉しいです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。