FC2ブログ

引越狂騒曲の結末

2008年5月31日(土)

引越し当日は、最悪の土砂降り。ぱぱぃがpesoriを某所に退避させている間に、あひるさんの作業員3名が到着。当初の予定では、近場の引越しなので、2トンロング車で往復することになっていたけれど、豪雨のため何とか頑張って積み切りで行きたいとのこと。この辺はプロにおまかせ。

まず第一弾としては、我が家にあった実家の荷物で必要分を実家へ運ぶ作業。途中であひるさんの外注のピアノ運送屋さんが到着し、ピアノも実家へ。そもそも実家でままぃが小さい頃に使っていたピアノが、我が家に移転されていただけなので、元々あった場所へ一度戻すのだ。ところがこれが大変な作業で、クレーンで吊って移動することに。ぱぱぃはクレーンでピアノが宙吊りになっている光景を目撃したらしいのだけど、ままぃはそれどころではなく見られず残念。新居に戻すときに同じ作業があるはずなので、実損ねないようにしないと、と決意。

実家移動分が完了した後で、本題の我が家から仮暮らし先への転居の作業開始。途中でぱぱぃがガス台を外して仮暮らし先に自転車で運び、ガス開栓の立会い。最終的に、13時過ぎに荷物が全てトラック内に積まれて、我が家での作業完了。

で、地図上で引越し先の場所を確認して、ぱぱぃとままぃは自転車で先行。ここで痛恨のトラブル発生。仮暮らし先でグッタリしながらあひるさんを待てど暮らせど、全然来ない。営業さんには部屋番号も携帯電話の番号も伝えてあったので、何かあれば携帯にかかってくると思って待っていたのだけど、1時間近くたっても音沙汰なし。窓から見ると、20mくらい先の路上にあひるさんのトラックが。何が起こったのかと様子を見に行くと、あひるさんのリーダーさんと行き会い"部屋番号も携帯番号も営業からもらった紙には書いていなくて、管理人さんに聞いたら同姓の他の室を教えられて、一度戻って携帯の番号を調べていたので遅くなりました!!"とのこと。"同じ階には来たのですがっ"ととても悔しそう。結局あひるさんチームは、昼休憩もとらずにそのまま搬入を開始してくれた。一生懸命取り組んでくれたので、最後に心づけを少し奮発して渡す。

搬入の途中でぱぱぃがダウンしたので、ぱぱぃにはpesoriと実家で休んでいてもらい、ままぃは孤軍奮闘。9割の箱には仮暮らし先で置く部屋を明記しておいたので、さほど混乱はなかったけれど、それぞれの部屋で置く順番などについてはその場で指示を出す。

何とか無事に引越しが完了したのは、18時を過ぎた頃だった。あひるさんの感想は、"現場の作業担当は外注さんも含めてみんな良い方ばかりだけど、営業さんとの連携に疑問あり"という感じ。でも当日作業のリーダーさんが"荷物の様子も場所も把握しているので、是非戻るときには指名して下さい!!"と言って帰っていったので、秋に新居に戻るときもあひるさんにお願いしてもよいかなとぱぱぃと話している。何せ費用対効果は結構高いと思うのだ。

そんなわけで仮暮らし先のURでの生活が始まった。
スポンサーサイト



テーマ : 家作り日記
ジャンル : ライフ

引越狂騒曲の顛末

いやはや何とか無事に仮暮らし先への引越しは完了し、すでに自宅は半壊状態なわけだけど、何せNTTの凡ミスで仮暮らし先の電話回線が1週間も不通だった上に、せっかく事前に申し込んだにもかかわらずniftyのADSLがやっと昨日開通したばかりのため、全く更新できる状況ではなかったのでした。

そんなわけで仮暮らし先からの団地妻による初更新。

引越し前日の2008年5月30日(金)。ぱぱぃもままぃも休みを確保し、2歳児施主pesoriには某所に避難していてもらい、実家両親も含めて総出で朝一番から荷造り。あひるさんの梱包ヘルプさんを1名お願いしておいたので、9時過ぎに来られる。これが予想以上の正解で、さすがプロの技。あれよあれよと言う間に次々と箱詰めしていただき、1箇所をお願いしてもすぐに"奥さ~ん、次どこすればよいのですか~?"と呼ばれてしまう始末。

引越し後に荷解きしてわかったことだけど、特に割れ物系は、最小限の梱包材で確実に詰めてくれるためまかせて安心。料金は、6時間2万円也。当初は、事情で我が家に置いてあった実家父の大量の書籍の梱包のためにお願いしたのだけど、それはほんの2時間くらいで終わってしまったので、我が家分の荷物もお願いできて、本当に助かった。小さい子どもがいる家庭は、おそらく迷わず梱包ヘルプさんをお願いした方が精神的に楽だと思う。

途中であひるさんの外注の電気工事さんがエアコンと食器洗浄乾燥機の取り外しに来宅。この方もプロの仕事をしてくれた。

そんなこんなで、何とか荷造りを完了する。そこら中ダンボール箱だらけ。台所用品も浴室用品も一切合財詰めてしまったので、食事とお風呂は実家でいただく。感謝。

テーマ : 家作り日記
ジャンル : ライフ

プロフィール

pesori

Author:pesori
pesori(8歳児)とぱぱぃ(夫)との三人暮らしでしたが、2010年夏に第二子誕生し四人家族になりました。
専門職としてフルタイムで働く母親です。


リンクフリーですが、コメントで教えていただければ尚嬉しいです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク