スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

着工53日目:内装ちゃくちゃく

2008年8月24日(日)
今週は仕事が慌しくてなかなか現場に寄ることができないので、少し遡って日曜日の状況。

外観はあまり変わっていないけど、玄関ポーチに柱が立ったり、窓にケーシングが付けられていたのだった。窓枠は工場塗装済みだけど、ケーシングは白色に塗装していただく予定。
窓のケーシング

室内では、石膏ボードが貼られていた。ををっ、すっかり部屋らしくなってきた(笑)
石膏ボード

全館空調はダクトの取り回しが結構難関で、下手をすると下がり天井だらけになってしまう危惧もあるけれど、スタイルワン建築設計事務所さんと依頼している業者さんではできるだけ天井裏に入れてくれるような配慮をしてくれる。我が家も設計図面ではやむなく下がり天井になる予定だった箇所が、空調屋さんが一手間かけて下さったおかげで下がり天井が回避された。感謝。
空調ダクト

オマケ。モコモコ断熱は、吹き過ぎた部分はカットされる(写真右側)。カットされた部分は、それだけ厚みは確保される。ただし触ると若干の弾力性があり、モコモコのまま固まった部分(写真左側)の方が性能としては高い。スタイルワン建築設計事務所のS氏いわく、そこが悩みどころで、性能を確保するために全面をモコモコのまま固めようとすると厚みを壁厚よりも薄く吹き付ける必要がある。反対に、厚み優先にして、全面をカットするまで厚くすると性能が落ちてしまう。
モコモコ断熱

素人目で見た限りだけど、我が家の施工状況はちょうど良い感じで、カットされた部分とモコモコのまま固まった部分が配置されているような印象。スタイルワンさんでは、吹き付け断熱の施工を担当する業者さんだけは、担当者レベルでご指名しているのだそうな。
スポンサーサイト

テーマ : 家作り日記
ジャンル : ライフ

滅失登記完了?

我が家は建替のため、滅失登記を行う必要がある。職場では登記はいつも司法書士さんにお願いするので、当初は、登記というのは司法書士さんの専有業務かと思っていたけれど、ななポンさんの"分離発注で輸入住宅を建てる"で本人登記のお話を読んで、我が家も滅失と表示登記までは自分たちで挑戦することに決めたのだった。

先週にぱぱぃが一度書類を法務局に提出に行ってくれたのだけど、解体工事を担当してくれた元上司実家の工事会社の印鑑登録証と登記事項証明書が足りなかったので、後日郵送にて提出することになったのだった。解体工事会社の取締役である元上司のお兄様に事前に確認したときには、"通常は印鑑登録と登記事項証明書はいらないですよー"と言われていたのだけど。もしや本人登記だと提出書類が厳密なのかな?

そんなわけでようやく無事に書類が全て用意できたので、本日簡易書留にて法務局へ発送。これで無事に滅失登記が完了する、はず?

テーマ : 家作り日記
ジャンル : ライフ

着工50日目:断熱完了/気密検査

2008年8月21日(木)

今週の前半で吹付断熱が完了した。できれば吹付工事の様子を見学に行きたかったのだけど、都合がつかずに実現できず。残念。

2日前に立ち寄ったときには、まだモコモコと柔らかかったウレタンフォームも今日はだいぶ固まっていた。110mmでの吹付の予定だったのだけど、非常に良心的な業者さんで2×6の奥行がほとんどフルに埋まっている。実質的には130~140mm程度の断熱になっているのでは、とのこと。

断熱完了後の様子。
※画像はクリックすると拡大します。
吹付断熱

天井にも例の銀次郎の上、というか下に、びっしりと断熱されている。
※画像はクリックすると拡大します。
天井の断熱

断熱の効果は、一歩家に足を踏み入れただけで実感できるほど。屋外がカンカン照りの汗だくでも、家のなかは快適に感じるのだ。これはスゴイ!!

これならエアコンはほとんど稼動させなくても、十分に過ごせるような。スタイルワン建築設計事務所のS氏いわく、"全館空調はエアコンが苦手な方にほどオススメです"とのこと。そのコトバの意味がようやく理解できた。

で、今日の午前中に気密検査が行われた。ままぃはちょうど午前半休だったので、検査に立ち合わせていただいた。気密検査は、家全体の隙間面積(C値)、つまり建物にどれだけ隙間が少ないかを測定する検査だと理解している。

そこで、気密テープで隙間をふさいで。
気密テープ

コーキングで隙間をふさいで。スタイルワンのS氏とT氏がコーキングガンをもって、隙間を埋めまくって下さったので感謝。
コーキング

写真は取り損ねたけど、配管等も全て口をふさいで。

で、ジェットエンジンみたいな装置で、室内の空気を吸い出し陰圧にして、計測開始~。
気密検査

最終的には、C値=0.6を出したところで、検査終了となった。隙間をふさげばふさぐほど、値は改善されるし、最終的には大工さんが石膏ボードを貼るときにきっちりコーキングしてくれるので、本来ならそのタイミングの方が高い結果は出るらしい。

待機している間にスタイルワンのS氏からC値の算出方法を教えていただいた説明を、ままぃが理解したところによると、C値は、室内空間の全容積を床面積で割り返すため、要するに実際の床面積と、図面上の床面積に差がある場合は、結果は低めに出るとのこと。つまり我が家のようにやたらに大きな小屋裏がある場合には、小屋裏の容積は含まれるけど、小屋裏の床面積は計算上含まれないので、実際よりも低めの結果になる。もし小屋裏の床面積も含めて計算すればC値=0.6よりも数値は低くなり、結果は高くなる。スタイルワンさんのおうちは上の写真のように屋根断熱だけど、高気密をうたっているメーカーのなかには天井断熱なので、結果は高くなりやすい、というような種々様々な数値のマジックがあるらしい。

C値=<0.9がR-2000住宅の基準なので、0.6だとR-2000超住宅といってかまわないだろう。でも正直に言って、数字もマジックも多々ある数値だし、竣工時にはまた少し下がるだろうし、住んでいるうちにも変わってくるから、数値のコンマいくつはあまり気にならないのであった(笑)

実際に住むことを考えたら、コンマいくつの数値より、おうちに入ったときに身体が感じる"快適さ"、これが一番大切なことだと思う。

テーマ : 家作り日記
ジャンル : ライフ

セキュリティのはなし

本日はぱぱぃがお届けします。

着工46日目のcommentにCD管の用途を書きましたが、その用途としてセキュリティ装置のDIYがあります。そこで、今回は趣向をちょっと変えて、安上がりな監視カメラ・システムのお話をしてみます。
実はこの監視システム、旧宅でも昼間は誰も居なくなるため用心のため設置しておりました。

さて、用意するものです。

(1) パソコン
   → 常時起動なのでデスクトップがいいのでは
(2) ビデオキャプチャーボード
   → 中古で結構。私はcatch viewというUSBビデオキャプチャーの
     中古を使用しています。
(3) CMOSまたはCCDカメラ
   → 30万画素クラス。野外設置するとなると防水仕様のものを選びます。
     ホームセンターで入手できますし、ヤフオクでも5000~10000円程度で
     入手できます。
(4) カメラ延長ケーブル(RCAピンタイプ)
   → ビデオ信号+カメラ電源供給ができるもの。これまたホームセンター、
     またはヤフオクにて2000~3000円で入手できます。
(5)ビデオキャプチャーソフト
   → フリーソフトで「動体検知機能付きビデオキャプチャーソフト Live Capture!」
     というのがあります。

 これだけ用意したら、ビデオキャプチャーボード/デバイスに添付のViewerでカメラ画像が
映るのを確認します。そのあとLive Capture!を起動します。
Live Capture!には動体検知機能があり、文字通り、カメラの前で動くものがあると
それを検出して動画記録したりできます。また、自動で画像をMail送信することも可能です。


以上、ぱぱぃがお届けいたしました。



テーマ : 家作り日記
ジャンル : ライフ

着工46日目:電気配線完了

2008年8月17日(日)
では、いつものおうちの話題に戻って。

現在工事はお盆休み中だけど、久しぶりにおうちのなかに入ってみたところ、電気配線工事が完了していた。

これは分電盤の設置予定箇所の様子。コードがたくさん。
電気配線1


こちらはぱぱぃこだわりのCD管。ウォールボックスがつく予定なのだけど、この位置を決めるときにままぃは立ち会っておらず、使いやすいとは思うけど非常に中途半端な位置に(苦笑)
でも電気関係はぱぱぃの独断場なので、まぁいいかなと。
※画像はクリックすると拡大します。
電気配線2

Leksands Dörrenの玄関ドアが設置されている様子(内側より)。サイドライトは、下半分がパネルのものを希望していたのだけど、余剰在庫の都合で全面ガラスだったらサービスでつけてくれるとのことで、全面ガラスに決めた。ところが設置されているのを見たら、最初の希望通りの下半分がパネルのものだったので、ラッキー♪ スタイルワン建築設計事務所のN氏によると、ドアを決定してから早数ヶ月が経過しているうちにきっと在庫状況が変わってきたのでしょう、とのこと。仕様を早く決定したことで、値引き交渉もじっくり行っていただき、いいことばかりなのだ。
玄関ドア

明日からはいよいよ吹き付け断熱工事が開始する予定。遮熱だけでもかなりの効果を体感しているので、これで断熱されるとどんなになっていくのだろう、と楽しみ。

なおスタイルワン建築設計事務所さんのブログにも書かれていたけれど、電気屋さんも"遮熱が効いているね"とコメントされていた模様。

テーマ : 家作り日記
ジャンル : ライフ

google street view のこと

直接おうちとは関係のない話題なのですが。

今月の前半の話題をさらっていたgoogle street viewについては、もっぱら別の自分の空間で議論していたのだけど、ちょっとこちらでも。street viewは、個人情報というよりプライバシーの問題かなと理解している。個人情報の定義は、「生存する個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日その他の記述等により特定の個人を識別することができるもの」(個人情報の保護に関する法律:第2条)なので、street viewには該当しないと思う。ただプライバシーの定義というのは、まだ明確にされていなくて、主観的なものだと学んだことがある。

google street viewについては、本当に賛否両論がnet上では飛び交っており、それを読んでいるだけでも結構面白い。個人的には、技術力は文句ナシにすごいけど、自分たちの知らないうちに自宅の外観(と洗濯物と車等)を撮影されて、住所情報とセットで全世界に勝手に配信されていることは、気持ちが悪い。職場や子どもの保育園も公開されていて、特に保育園の園庭で子どもたちや先生方が遊んでいる姿まで撮影されているのは、いくら顔がぼやかされていても、抵抗がある。だけどこの抵抗感や気持ち悪さはきわめて個人的な主観の問題なので、ここまで賛否両論がわかれるのだろうな~と思っている。

おそらく"ブログを書いているくせに、street viewに反対するのは矛盾では?"と思われる方もいると思うけど、私たち(ぱぱぃとままぃ)にとってはそこは矛盾でも何でもない。だって、自分が書く場合には、何をどこでどこまで明らかにするか/どのアングルから撮影した写真をどのサイズで公開するか、ということが全て自分たちのコントロールできるから。street viewは、ちょっとやりすぎで一方的すぎる印象がどうしてもぬぐえないのだ。

削除依頼が可能なことは承知しているし、保育園に関しては状況の連絡だけはして、後は園の判断におまかせするつもり。自宅については、小汚い旧宅が撮影されているので、もし情報がアップデートされるようであれば依頼する予定なのだ。

もしまだstreet viewをご覧になったことがない方がいらっしゃれば、是非ご覧になることをオススメする。面白いと思うか、イヤだと思うか。どちらにせよ、非常に興味深いツールであることは間違いないと思う。

テーマ : 家作り日記
ジャンル : ライフ

着工42日目:思い出した!!

2008年8月13日(水)

今日の昼下がりに唐突にぱぱぃが、"思い出したんやけど…。配線確認のときに、リビングのスピーカー配線を通すCD管、送り側と取り出し側のスイッチボックスの位置を確認せえへんかったな"と言い出した。何でもギターのアンプを見て、思い出したのだそうだ。

一昨日に大工さんと話した折には、電気配線は今日か明日の予定とのことだったので、慌ててスタイルワン建築設計事務所のN氏に電話。以前の打ち合わせで相談した内容ではあったけれど、図面に記載されていないことにこちらも気がついていなかったので、我々のミスでもある。

でもN氏は快く"まだ間に合いますよー"と言って下さり、早速に修正した図面を送って下さったのだった。多分夏休み中だったのでは?と思うのだけど、恐縮至極。感謝。

電気配線は明日完了の予定とのことで、本当にギリギリセーフだった。よかった。

テーマ : 家作り日記
ジャンル : ライフ

着工40日目:銀次郎と玄関ドア

2008年8月11日(月)

仕事を定時退勤できたので、普段より早く現場に到着。お盆休みに突入していたぱぱぃと合流し、家のなかを探検。大工さんにもお会いできたので、良かった。

実は、前日の日中に家のなかに入って吃驚。前回と比べて、全然暑くない。快適といえるくらい。多分、窓と、銀次郎と、タイベックシルバーの効果だと思うけど、これはすごい。そうか、遮熱ってやはりとても重要なんだと実感。

そんな立役者のひとり、前回書いた遮熱通気スペーサー"風通し 銀次郎"の施工の様子もやっと確認できた。垂木に隙間無く施工してある。

※画像はクリックすると拡大します。
銀次郎 銀次郎アップ


全館空調の配管も進んでいる。
※画像はクリックすると拡大します。
全館空調配管

我が家の中央制御コーナー(笑)
※画像はクリックすると拡大します。
指令コーナー

2階ホールのトップライト。日中は灯りが不要かな。
※画像はクリックすると拡大します。
トップライト


先週に、玄関ドアが到着。紛れも無くスウェーデン製。分離発注については、また後日書きたいと思っているけど、輸入ドアのため前金払いで、入金した2日後くらいに現場に届いていたので、自分たちで家を建てている!!という実感を強く感じたのだ。

ちなみに11日には設置されていたのだけど、うまく撮影できず。
お盆休み前に鍵がかかるようにしてくれたスタイルワン建築設計事務所のN氏、S氏、T氏の配慮に感謝!!

※画像はクリックすると拡大します。
玄関ドア

なお施主支給品のステンドグラスを建材市場で購入したので、現場に保管しておこうとしたら、大工さんが"預かっておきましょう"とのことで、お渡しする。定価12,860円だけど、8,800円にて購入。さて
設置されたら、どんな感じになるかな。楽しみ。

テーマ : 家作り日記
ジャンル : ライフ

着工37日目:銀色の衣装

2008年8月9日(土)
今日は土曜勤務だったので、出勤途中で現場を通過。造作大工さんとようやく挨拶することができた。この造作大工さんは、自宅の比較的近所のスタイルワン建築設計事務所さんの別のおうちも担当されていた。そのおうちの建築期間中に、スタイルワン建築設計事務所のS氏から"同じ大工さんが担当しますよ"と伺っていたので、通りすがりに見学をするたびに、"大工の○○さん、やってはるね~""うちもお願いしますねー"とぱぱぃとままぃで勝手に話していたので、一方的に身近な存在だったのだ(笑)

夕方の退勤時に通過したら、我が家が銀色の衣装をまとっていた。防水紙のタイベックシルバーが外壁に貼られたのだった。

左がタイベックシルバー後。 右が昨夕の様子。
銀色の我が家     全景

当初は普通のタイベックの予定だったのだけど、紆余曲折の果てに最終打ち合わせにてタイベックシルバーに変更したのだ。というのは、2008年4月26日付"第13回打ち合わせ"にて書いたとおり、ハイブリット断熱もどき?を目指すために外壁塗料に遮熱効果の高い"ガイナ"を利用しようと計画した。ところが、ガイナでは希望するベンガラ色が作れない(というか集熱性の高い濃い色は不可)だったので、外壁塗料については色を優先し、ガイナはあきらめた。その代わりに、通常のタイベックより遮熱性の高いタイベックシルバーを採用することにしたのだった。

ちなみに屋根(野地板)の裏側にはすでに遮熱通気スペーサー"風通し 銀次郎"が貼られている。この銀次郎は、施工後に余ったらいただいて、車の窓遮熱やバーベキューなどで活用しようと目論んでいたのだけど、現場監督を担当していただいているスタイルワン建築設計事務所のT氏から"余りませんでした"との連絡を受けたので、ちょっと残念(笑)

テーマ : 家作り日記
ジャンル : ライフ

着工36日目:窓と屋根と

2008年8月8日(金)

一昨日ぱぱぃが現場を通ったら、窓がついていたとのこと。その後、着々と窓が設置されて、今日はほとんど全ての窓枠に窓がついていた。

我が家の窓は、"vest tech"が中心。費用面の都合にて、北側などの見えない箇所は、"シャノンサッシ"になっている。実際におうちについているところ見ると、もちろん"シャノンサッシ"も悪くないけど、やはり"vest tech"の木製サッシは素敵だ。

そんなわけで初登場!! 我が家の"vest tech"なり。 家は窓から(笑)

※画像はクリックすると拡大します。
vest tech

スタイルワン建築設計事務所さんのつくられたおうちのなかでも、"vest tech"を採用しているところは少ないのかな。"pella"の方が人気の模様。

昨日は、屋根も葺かれていた。我が家の屋根は、"diplomat"のモカ色。サイトの説明によると、"ガルバリウム鋼板と同じ組成 のジンカリウム鋼板を基材とし、表面を自然石粒で施し高耐久型の屋根材"とのこと。実はスタイルワンさんに出会う前に、"ジョイフル本田"にて見かけて、ぱぱぃが"コレだ"と気に入っていたのだった。我が家での通称は、"大根おろし屋根"-表面がとてもざらざらしているので。

そんなわけで加工終了後のdiplomatの端材? 何やらUFOの残骸みたいだ。
とても軽かったので、持ち帰って鍋敷きにしようかと思ったほど。 
ディプロマット

そんなわけで屋根と窓がついた我が家はこんな感じ。
全景

玄関ドアが梱包されて、玄関内に置いてあったのだけど、もしかしたらお盆休み前に設置されるのだろうか?楽しみ~。

テーマ : 家作り日記
ジャンル : ライフ

着工33日目:内部配線/モクボーベネザーブ

2008年8月5日(火)
実際には、水道、空調、ガスなどの配管工事が行われているのだけど、今日現場に寄ったときには暗すぎて写真がうまく撮れなかったので、ちょっとさかのぼってみることに。

"着工3日目:捨てコン/シロアリ対策"の記事に書いたとおり、我が家ではシロアリ(とGのつくにくいヤツ)対策のために原料がホウ酸の薬剤を外壁に1mの高さまで塗布してもらった。

この薬剤は、"モクボーベネザーブ"という名称で、文化財の防虫防菌用薬剤に認定されているもの。スタイルワン建築設計事務所のS氏いわく、正確には防蟻剤ではなく、防腐剤なのだけど、木が腐らなければシロアリはこないので、シロアリ対策になるということ。

で、先日の上棟立会いのときには、そのモクボーベネザーブが外壁にしっかり塗られていた。
本来は無色だけど、塗ったことがわかるように、少し色をつけているそうな。

※画像はクリックすると拡大します。
モクボーベネザーブ

シロアリ対策は、おそらく確率の問題なので、モクボーベネザーブの効果がどれだけあるのかは結局分からないままだと思う。だけど、安心料としてはそれほど高価ではないし、何より人体には無害なのが嬉しい。

ちなみに我が家のシロアリ対策としての要は基礎パッキンで、こちらは10年保証がついているのだ。
でもそんな保証なんて使わないことを、もちろん最も願っているけど(笑)

テーマ : 家作り日記
ジャンル : ライフ

着工30日目:上棟上等

2008年8月2日(土) 10時00分
 
我が家は2×6なので、いわゆる上棟式は行わないのだけど、昨日8月2日(土)に上棟立会と配線確認を行った。

屋根がのったので、職人さんたちには申し訳ないけれど室内では喫煙しないで欲しいな~と内心思っていたら、ちゃーんとスタイルワン建築設計事務所の現場監督のT氏が玄関の正面に注意書きを掲示してくださっていた。こういう配慮はとても嬉しい。感謝。

※画像はクリックすると拡大します。
室内禁煙

明るい時間に初めて室内に入るぱぱぃはお約束の"おぢゃましま~す"と言いながらスリッパに足を通し、スタイルワン建築設計事務所のS氏から"絶対やると思いました"と笑われていた。しまった、ままぃも声を合わせればもっとうけたかな(笑)

室内では図面にあわせてスイッチボックスが仮止めされているので、細かい位置などを確認し、必要に応じて変更をお願いしたり。ぱぱぃは電気屋さんと屋根裏、ベランダ、一階両サイド壁面に設置するウォルボックスとCD管の接続打ち合わせを行う。なお、玄関灯のスイッチはぱぱぃ所有の開けたらタイマを施主支給工事をするのだ。


※画像はクリックすると拡大します。
スイッチボックス

1階から2階の階段室には、構造躯体担当の大工さん手作りの木製はしごが。このまま設置していただいてもよいくらいの感じ。ちなみに造作担当の大工さんはまた別のはしごを自作するらしい。木製はしごは非常に登りやすくて、2歳児施主のお転婆娘pesoriもちゃっちゃっか登っていた(もちろん下りは抱っこ)。

※画像はクリックすると拡大します。
木製はしご

今日は電気工事屋さんと空調工事屋さんにもいらしていただき、細かいところの確認や調整をしたり。ぱぱぃは何やら特殊な情報を教えてもらい、大喜び。

家のなかを一周していたら、かなり喉が渇いてきたのと、今日は上棟式の代わりだったことを思い出し、あわててコンビニに走り飲み物を入手。戻ってきたら、みなさんとぱぱぃは小屋裏にのぼっていたけれど、相当に暑そうなので、ままぃはパス。飲み物はみなさん喜んでいただけたので、良かった。

室内もだいぶ家らしくなっていたのだった。この部屋に小さなテーブルを置いて、お茶したらさぞや気持ちよいだろうな~と思うけど、一体そんな余裕のある生活はいつになったら訪れるのだろう?

※画像はクリックすると拡大します。
2階  2階個室

これは1階の四隅にうたれているホールダウン金物。これとアンカーボルトで構造躯体と基礎ががっちり固定されている。この下にコーナーハンチがあり、三角形にコンクリートが打設されている。
ホールダウン金物


来週からはいよいよ内部配管工事と造作工事が開始するのだ。目が離せませんっ(笑)

テーマ : 家作り日記
ジャンル : ライフ

プロフィール

pesori

Author:pesori
pesori(8歳児)とぱぱぃ(夫)との三人暮らしでしたが、2010年夏に第二子誕生し四人家族になりました。
専門職としてフルタイムで働く母親です。


リンクフリーですが、コメントで教えていただければ尚嬉しいです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。