スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

江戸東京たてもの園は家作りのヒントの宝庫

呼ばれて飛び出てジャジャジャジャーン♪ と5ヶ月ぶりの登場となりましたままぃです。

建築中のことも書き残しており、夏の間にあらためて実感した快適な我が家の住み心地や夏の電気代等、ネタはあるのですが、何せ時間がありません。相変わらずあわただしい毎日です。すっかり気まぐれ更新となっていますが、引き続きご覧いただければ幸いです。

さて。しばらく前に小金井公園内にある江戸東京たてもの園に遊びに行きました。公式サイトによると、"文化的価値の高い歴史的建造物を移築し、復元・保存・展示する野外博物館"で、歴史的建造物や都電の車両なども展示されており、子どもからオトナまで楽しめる博物館というか公園です。

展示されているなかに、東京文化会館や東京都美術館などを設計した建築家の前川國男氏の自邸があるのですが、大いに気に入ってしまいました!!

まずこのシンプルかつカッコイイ外観に、切妻屋根大好きなままぃは一目惚れ。
たてもの園1

なかに入ると吹き抜けの高い天井に、採光のよい格子窓。
たてもの園2

モダンなキッチン。
たてもの園3

キッチンとリビング兼サロンの間には、配膳台が造作されています。これは絶対便利!!
たてもの園4

寝室のクローゼットも無駄がなく、使いやすそうです。我が家では着替室の改善計画を検討中なので、参考になります。
たてもの園5

この洗練されて、デザイン性も高いけれど住み心地もよさそうな素晴らしい建物が、なんと戦時中の昭和17年に建築されたというから、驚きです。

現在建築計画中の方は、住宅展示場だけでなく、このようなたてもの園に足を運ばれてはいかがでしょうか?なかなか参考になりますよ。 ままぃも、しまった、この手があったか!!と思ってしまった箇所がありました(笑)
スポンサーサイト

シール

ぱぱぃでございます。

バスなんかに貼ってありますが、
東京都防犯ステッカー
このシール、個人的には結構いい感じです。
個人使用ならこのページからjpegをとってきてシールラベルを作るぶんにはOKなのでしょうか...
実は私も昔、ドロボーに入られたことがあるので防犯には興味があるのでございまして。

以上、ぱぱぃでした。

次回はままぃが登場する??

中身

ぱぱいでございます。

今日は前回の続きネタです。
盆前と最近、秋葉原に行って防犯カメラ機材屋さんの前を通ったら結構お客さんがいて、需要あるんですねーと思ったので、つぶやいてみます。

もう3週間ほど前になるのですが、前回のネタで書きました、Ω社のワイヤレスチャイムの受信機のフタを開けてみました。受信機にはLEDが付いており、電波を受信するとメロディが鳴りながらLEDが点灯します。このLEDは下記のようにオープンコレクタに繋がっております。
(おおむね予想通りです)
基板

ワイヤレスチャイム
こいつのリード線を切ってカメラのトリガ入力(プルアップ)に繋げるとか、
トリガ
こんな風に、USBマイコンのポート入力に繋げて、カメラモニタソフトからUSB経由でマイコンのポート監視をして、トリガが入ったら録画するようにしてみよかなと思ってイマス。(ちょっと前はPCにパラレルポートがあって、ここからポートレベルの監視ができましたが、今ではこのパラレルポートが搭載されておらずUSBを利用せざるをえません。)
プロフィール

pesori

Author:pesori
pesori(8歳児)とぱぱぃ(夫)との三人暮らしでしたが、2010年夏に第二子誕生し四人家族になりました。
専門職としてフルタイムで働く母親です。


リンクフリーですが、コメントで教えていただければ尚嬉しいです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。