スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LED電球について

ひと月おきに出てくるぱぱぃでございます。


また、電気ネタをひとつ。


うちは玄関照明(2灯)にあけたらタイマを使っております。
(つまり、あけたらタイマの先が並列負荷になっている状態。)
先日、2灯とも安物の40WタイプのLED電球に換えてみました。
と、スイッチオフにもかかわらず、約6秒間隔ほどで
一瞬微妙にLED電球が灯るのです。1灯のLED電球を外しても
やっぱり同程度の間隔でもういっぽうの電球に一瞬点灯が発生します。

普通のほたるSW(片切B)では大丈夫なので、あけたらタイマならでは
の現象(リアルタイムクロックが動いているので待機電流を食っている)
だと思われます。一応、松下電工のページを探せば
あけたらタイマなどの高機能スイッチに対応したLED電球の
PDF資料高機能スイッチのLED照明器具接続台数表
が見つかりますが、まだLED電球は高いのでおいそれと
買い足すには抵抗があります。
(雨はかからないが屋外なのでいい電球を使いたくない...)

ちなみにあけたらタイマの負荷はいわゆる抵抗負荷で、
フィラメント電球とかインバータ式蛍光灯を繋ぐように
なっています。(フィラメントはそのまま抵抗ですが、
インバータ式はAC側の雑音防止フィルタの抵抗のこと?)

私は、LED電球の中の電源回路がどうなっているのか?
知らないのですが、おそらく、いきなり整流ダイオード
がつながっていて、その先に平滑コンデンサがあり、
あけたらタイマの動作でじわじわコンデンサが
チャージされ、ある閾値まできたらその後LEDがONになって
一瞬だけ光ってコンデンサが放電しているのでは?
と勝手に思い、1灯はLED電球、他方は電球形蛍光灯にして
みました。
そしたら、あけたらタイマがオフ時に一瞬点灯がおきなく
なりました。
たぶん、あけたらタイマの微小動作電流は蛍光管電球の
雑音防止フィルタ(CR直列型なのか?)を抜けるから
LED電球の電源回路に影響を与えなくなったのでしょう。

もし、このあたりに詳しい方、本文をご覧になっていたら
コメントいただけると幸いです。
スポンサーサイト
プロフィール

pesori

Author:pesori
pesori(8歳児)とぱぱぃ(夫)との三人暮らしでしたが、2010年夏に第二子誕生し四人家族になりました。
専門職としてフルタイムで働く母親です。


リンクフリーですが、コメントで教えていただければ尚嬉しいです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。