スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Geiger Counter(その5)

ぱぱぃでございます。

こちらは壱号機に長尺管を繋いだVersionです。
長尺管Version

Sensitivity: 285-385 Pulse/μR
Background : Not more than 1.3 pulse/sec

のSpecです。こっちを使うとパリパリと音が出まくりです。
スポンサーサイト

テーマ : 電子工作
ジャンル : 趣味・実用

Geiger Counter(その4)

ぱぱぃでございます。

とりあえず電池駆動の携帯検知器を作ってみました。

携帯検知器

テーマ : 電子工作
ジャンル : 趣味・実用

Geiger Counter(その3)


ぱぱぃでございます。

こんな感じで計数管を接続し
S型計数管

計数管両端電圧を測りながら微調整しました。
検知回路ベータ版

現状、バックグラウンド放射線を拾ってプチプチ音が出ています。
(平均1プチ音/毎秒程度)

テーマ : 電子工作
ジャンル : 趣味・実用

Geiger Counter(その2)

ぱぱぃでございます。

第1便のブツが到着しました。

寸法はこんな感じです。

計数管1

こっちのちっちゃいヤツ、口金曲がってるんすけど...
さすが、日本製じゃないだけのことはあります。
計数管2

今日はビリビリ回路の調整をやろうと思っていましたが、
喉が痛いのでぜんぜんやる気がございません...
(軟弱でスミマセン)

テーマ : 電子工作
ジャンル : 趣味・実用

Geiger Counter

ぱぱぃでございます。

このひと月で2回ほど秋葉原をさまよい歩きました。
今日はままぃらと一時的に別行動して部品調達に行きました。
途中、寄り道して25万画素白黒CCD+IrLED付き基板モジュールが\500
だったので2個ほど衝動買いをしつつも、
今回は厚膜抵抗1GΩ探しがメインです。
一応、目星を付けて出かけたので調達は出来たのですが、耐圧5kV、2WのKOA品
が1500円ほどしました。こんなもの買って何すんの? となるのですが、
以下のブツと繋がっています。感の鋭い方はこの抵抗の使い道がお分かり
かと。


それはそうと、日本ではガイガーカウンタ(Geiger Counter)、線量計(Dosimeter)
がすごく売れて品切ればかりになっています。
しかも、あったとしても製品はすごい高い額になっています。
ま、報道を見ていたら、「ちょちょちょ、ホンマに大丈夫ですか?? あんたら
ホラ吹いてないやろな??」と皆思いますから当然でしょうな。

よく行くパーツ屋でも「あれっ、昔キットがあったんだけど...」とつぶやいて
いる人がちらほらいます。事実、高圧回路、ガイガー計数管、トランジスタ、
NAND発振回路と圧電スピーカ程度の部品で、ブツブツ音が出るモノが作れます。
キットなんですが、海外でもそんな高くない価格で売っており、震災後すぐに
発注してみましたが、入荷待ちで1週間たっても発送されなかったので自作する
ことにしました。
でも、一番入手が難しいものが計数管そのものです。ということで、
これは海外から単品購入してみました。
今日、ミニチュア管と長尺管が国際書留で来てたのですが、一家で出かけて
いたので不在通知が...

明日の夜からチマチマ製作に入りたいと思います。
一応、計測パルスはPICマイコンでカウントし、LCDディスプレィに
CPM,Sv換算値を表示するようにします。
(アセンブラの方は歩きながらや昼休みに考えました)

ミニチュア管の方は、長期モニタリング用なので、別途データ
ログのストレージ機能、データ吸出し機能を付けたいと
思っています。

テーマ : 電子工作
ジャンル : 趣味・実用

電気工事

ぱぱぃでございます。

4/1からままぃが育休から復帰しました。
4/1はまだならし保育ではないので私がお休みして半日8ケ月児(モチモチくん)に
付き合っていました。

それはそうと、うちは流しの袖壁にコンセントがあるのですが、
住んでいるうちにこの逆側面の下部にあったほうが使いやすいと
いう結論になっていて、この日に工事しようと決めていました。

ということで、ままぃが出勤後すぐに「もちもちくん、そこで
見とき」と言って手持ち資材でコンセント増設工事をおっぱじめました。
もちもちくんがウダウダ言いはじめるので突貫工事です。

流し側コンセント

まずは、流し側コンセントのカバーをはずしてスイッチボックスがネジ留めされている
間柱などの具合を調べます。(ボックスは左側でネジ止め固定)

流しスイッチボックス

では反対側の工事にうつります。
5円玉の下げ振りで間柱のつら面を出します。(貧乏くさいですが、これでもつら面がわかる)

位置決め


廻し引きで横60mm、縦95mmの四角をくりぬき、流しのほうからVVFを突っ込みます。
VVF通線

ホーザンのワイヤストリッパで被覆をはぎます。
VVFの処置

スイッチボックスをねじ止めします。
スイッチボックスの固定

流し側のコンセントに繋ぎます。
流し側VVF処置

カバーを付けて完了です。
フルカラー取り付け

テーマ : 家作り日記
ジャンル : ライフ

プロフィール

pesori

Author:pesori
pesori(8歳児)とぱぱぃ(夫)との三人暮らしでしたが、2010年夏に第二子誕生し四人家族になりました。
専門職としてフルタイムで働く母親です。


リンクフリーですが、コメントで教えていただければ尚嬉しいです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。