スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こういう構造です

ぱぱぃでございます。

センサーライト、LEDで検索すると、世の中かなりニーズがあるというのがわかり、さらに自作ファンの方がそういったものの改造品制作をされているのがわかります。

ネタとしては古いですが、当方が作成した、ハロゲン灯を白色LEDに置き換えた例です。
ハロゲン灯式センサーライトってかなり安く売られていますが、ハロゲン灯が引っ掛かる部分をどう作るか?悩まれると思います。

100円屋でそろうものを使うとすると、ズバリこれ。

-割りばし
-圧着端子(丸穴のほうが良い)
-ホットボンド

引掛け端子

笑えるほどパッチリ嵌ります。


次に、CMOS 800TVLのIR LED発光停止について。
前回の改造では、NGで、しかもフローティング電流がみられましたので、元にもどして、
Cdsが半田付けされている部分に10kΩ 1/6Wの抵抗をパラレルに半田付けしました。
Cdsは暗いところで抵抗が1MΩ、明るいところで20kΩ以下になりますので、Cdsに10kΩを並列接続することにより、「常時明るい状態」としてIR LEDが点灯しないようにしました。
(IR LEDの電源パタンをカットすればいいのでしょうが、見えませんでしたし、そこまで見るのも面倒なので今回はやめました。)

CDS改造
スポンサーサイト

テーマ : 防犯・防災
ジャンル : ライフ

プロフィール

pesori

Author:pesori
pesori(8歳児)とぱぱぃ(夫)との三人暮らしでしたが、2010年夏に第二子誕生し四人家族になりました。
専門職としてフルタイムで働く母親です。


リンクフリーですが、コメントで教えていただければ尚嬉しいです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。