スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガスの復権

キッチンのコンロをガスにするか/IHにするかについては、最初に訪問した住宅展示場の最初のハウスメーカーの見学のときに聞かれて、"へっ!?"と虚をつかれたのだった。

それまで私自身には、オール電化はもとより、IHという選択肢すら考えたことがなくて、当然ガスでしょう、と思っていた。ところがどこのハウスメーカー/ビルダーの担当者からも、"省エネルギーならIH"と薦められ、とある神戸に本拠地を置く設計事務所さんからは"阪神淡路大震災では、ガス漏れで救助ができなかった住宅も多かった"と聞いたことが決め手で、"IHにしよう"と決めた。なので、最後の最後にスタイルワン建築設計事務所さんと会ったときには、最初からIHでお願いをしていた。

先日、見積もりを依頼するために、本腰をいれてキッチンのショールームを回ったときに、実際にIHのコンロを見ながら、自分が使用することを想像していて、どうしても落ち着かなかった。ガスコンロですら、スライド式ではなくダイアル式(というのか?)の火加減が好みの超保守派の自分。ボタンで強・中・弱なんて選ぶIHで料理する自分の姿は、想像不可。やはり、20年以上馴染んできたように、実際に炎を見ながら火加減したい。そう、強く思ったのだった。

そしてIHを選んで以来ずーっと気になっていたことがある。それは、IHやオール電化住宅により、電気に頼る比重が増えるほど、それは日本では原子力発電に頼る生活となるということ。もちろん電気のない生活には戻れないから、一方的に原子力発電反対とは言えない。だけど、頼らなくてもよい部分まで頼ってしまうのは、いかがなものかという疑問がどうしても抜けない。どんなにエコ住宅、自然建材を使用して環境にやさしい住宅、エコキュートでCO2削減といったところで、原子力利用は超長期にわたる最大の環境汚染のリスクを負う。

と素人ながら、学部時代に習った環境学の授業を思い起こして悶々としていたときに、mixi内の某家作り関係コミュニティで、まさに環境学の先生が同じ視点から"原子力反対の立場をとるなら、IHやオール電化はもってのほか"という主旨を書いていて、"あー、やはり"と膝を打った。

あと、てっきりスウェーデン留学中に使用していたのがIHだと思い込んでいたので、あれなら良いかと思っていたのだけど、つい最近欧米で普及しているのはラジエントであり、IHは日本だけと知り、吃驚したこともある。

その後も数日間、内心でずっと考え続け、ほぼガスにしようと決めたところで、ぱぱぃに伝えたところ、軽~く了解してくれた。念のために実家母にも伝えると、"電気一種類にしないほうが良いのでは"と、こちらも賛成。

そして先日の第6回打ち合わせに際して、主任設計士のN氏にメールで"実はガスにしようかと思っているのです"と伝えて、打ち合わせのときにその理由の話になり、第一の理由の"使い慣れている"ということの他に、"原子力がどうしても気になって…"と切り出すと、N氏が大きくうなづいて"実は自分も全く同感です"と言われた。本当にN氏とは、価値観や感覚が近いのか、理解してもらえているので、有難いな~と思っている。

あらためてN氏からも説明を受けたように、もちろん高気密高断熱住宅では水蒸気やCO2の発生しないIHの方が適していることや、オール電化にした方が基本料金等の観点から光熱費が安く抑えられることなどについては、十二分に理解している。IHは掃除が楽なことも、もちろん承知している。理解しているからこそ、ここまでずーっとずーっとずーっと悩んできたのだ。

だけど、だけど、もしIHを選んだら、新しいおうちで台所に立つたびに、絶対"IHにして良かったのかな"と悩むと思う。"絶対に毎日悩むよな~"と確信に至ったときに、それならやはりガスにしようと結論が見えて、気持ちの整理がついたのだった。

なので、我が家は新居もガスコンロで行くのだ。ただし将来的に転換可能なように200Vコンセントだけは設置しておこうかと計画中。

ちなみによく反IH派の理由にされる電磁波については、実はほとんど考慮の要因にいれてない。なぜなら、電磁波の影響は不確定な部分も多いため、不確定要素は可能な限り判断の根拠に入れない方が良いと思うので。

あ、もしかすると、この記事を読まれて、不快になられた方がいるかもしれません。
ただ私には、IHやオール電化住宅を選択する方を非難する気持ちも、否定する気持ちも全くありません。それは、それを選ぶ方の選択/判断であり、自由です。
単に私は、自分自身の選択/判断をどうするのか、という問題について書いているだけなので、誤解しないでいただきたいのです。

テーマ : 家作り日記
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

ガスレンジ

私も今までガスレンジしか使ったことがないので、IHでなくても全く支障ありません。ただIHレンジは単層200V+D種接地(100Ω以下)コンセントかつ独立ブレーカが必要なので、前もって工事しておきます。

電気&ガス

お初におじゃまします。
「料理は炎でしょ」派のロッキーです。
建て替え計画、とても楽しく読ませてもらってます。きっとステキな家が建つんだろうなぁ、と自分ちでもないのに楽しみにしとります。

オール電化は災害などで電気だけでも止まったらすべてお手上げ。ガスラインが生き残ってたとすれば煮炊きはできます。我が家はプロパンガスなので、非常時には市販のゴトクを直結しちゃうこともアリ?なんて。発電機買っといた方がいいですかね…(実家には有る)。

>>ロッキーさん
コメントありがとうございます。
ですよね~。やはり料理は炎ですよね~。
非常時用には卓上コンロが必須かとは思ってます。
建替計画はまだまだ入り口です~。先は長いですがどうぞお付き合い下さいませ。

>>ぱぱぃ
うにゃ。将来の念のために設置できるように工事だけはしておきましょう。ありがとう。

こんにちは。久しぶりにブログを書いてからいろいろな方のところにお邪魔しておりましたら、今日の私のブログ内容とかなり重なっている記事で驚きました。
pesoriさんも やっぱり悩んだ挙句ガスにされたのですね。同じような方がいらっしゃるのだなあ・・と親近感を感じました。

タイタニアレイン様

こんにちは~。
ブログも拝見させていただきました。
本当にほとんど同じ状況ですね(笑)
プロフィール

pesori

Author:pesori
pesori(8歳児)とぱぱぃ(夫)との三人暮らしでしたが、2010年夏に第二子誕生し四人家族になりました。
専門職としてフルタイムで働く母親です。


リンクフリーですが、コメントで教えていただければ尚嬉しいです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。