スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラブル発生!?

あっという間に月初になってしまい、またまた超繁忙期に突入してしまったままぃです。今夜はせっかくスタイルワン建築設計事務所のN氏とS氏がいらして下さったのに、帰宅が間に合わず残念…。

ぱぱぃいわく、スタイルワンのS氏にお褒めいただいた?のはダイニングで使っている写真の時計。これはニトリで確か2,000円くらいで購入したのだけど、木製?で湿度計と温度計が一緒になっているのが良い感じ。ニトリってデザインも悪くない製品があるし、和製IKEAだよな~と思う今日この頃。組立ではないけれどね。
時計

ちなみにN氏とS氏がいらした目的は、ちょっとしたトラブルがあったため。我が家は東西南の三方が道路、北側のみ隣家と接している。この北側の家は、おそらく増築したのだろうけれど、微妙に首をひねりたくなるくらい我が家の境に接して建てられている。全館空調の室外機は、この北側の家に配慮して設置したのだけど、それでも今まで室外機がなかった位置のためか、全館空調のために24時間稼動するためか、はたまた夜が静か過ぎる環境のためか、その家の塀の干渉で音の増幅通り道ができてしまっているためか、理由はよくわからないけれど、とにかく"夜がうるさくて眠れない"とのご意見をいただいてしまったのだった。

あらためて現地確認して下さったS氏いわく、我が家の室外機は隣の家と離れて設置されている方らしいのだけど、うるさい/うるさくないは主観の問題で、近隣とのおつきあいは重要なので、室外機を移動することになったのだった。

移動先は、他に適切な置き場がないため、南側への対角線の移動になる。当初は外回りの土中に埋めて配管を延長する案もあったのだけど、最終的には基礎の外枠に5cm程度の穴をあけて、人通口を通すことになりそう。強度的には問題がないとはいえ、せっかく美しい基礎をつくってもらったのに穴を開けなくてはならないのは、泣きたい気分。

実は室外機の置き場を打ち合わせたときにちらりと大丈夫かな?と頭をよぎったのだけど、それをきちんと検討しなかったのが悔しくて悔しくてたまらない。仕事でも家庭でも自分のなかの黄色信号を見過ごすと、後で絶対後悔する…。

ちなみに全館空調とはいえ、少なくとも我が家の採用した機種では、室外機の音は通常のエアコンの室外機と大差はない。むしろ温度の上下が少ない分だけ、ファンの回り方は穏やかだと思う。それでも24時間稼動するので、近隣の生活パターンや心情に配慮が必要。設置場所については、みなさま熟慮下さい。

テーマ : 家作り日記
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

pesori

Author:pesori
pesori(8歳児)とぱぱぃ(夫)との三人暮らしでしたが、2010年夏に第二子誕生し四人家族になりました。
専門職としてフルタイムで働く母親です。


リンクフリーですが、コメントで教えていただければ尚嬉しいです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。