スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めての年越し

2008年も残すところ1時間あまりとなりました。3歳になったpesoriに強要され、紅白歌合戦で一緒にポニョを踊らされたままぃです。

そんなわけで新居での初めての年越しです。今年は旅行にも行かず、快適な我が家でのんびり過ごしています。低気密低断熱の旧宅では寒さゆえのストレスに苦しめられましたが、新居では寒さに無縁なので、本当に幸せ。日々快適さをかみしめています。ちょっと贅沢かと迷いつつも全館空調を導入して、正解でした♪

ただ全館空調には、最初からわかっていたことですが、ひとつ難点があります。それはどうしても乾燥気味になる、ということです。加湿ユニットもついている機種ですし、湿度30%以下には下がらないので、おそらく気にならない方も多い程度ですが、我が家は三人そろって喉が弱いのです。昨夜はpesoriが頻繁に咳をしており、親チームも喉がイガイガして仕方ないので、旧宅で使っていた気化式の加湿器であるbonecoを空調のリターンの側に置きました。湿度計が一気に上がることはありませんが、喉は楽になりました。

ところで我が家の玄関ドアを開けた正面には定番のニッチがあります。引越祝いに直属の上司から素敵なクリスマスリースをいただいたいので、つい数時間前まで飾っていたのですが、さすがにお正月モードに模様替え。凝る方から見れば、全く簡単なモノですが、自分の生活では花を飾れる余裕があるだけで連休万歳な気分です。ニッチ内のライトをつけると、こんな感じ(笑)
ニッチ@お正月

年末なので、大掃除とはとても言えませんが、普段できない片付けや、普段よりも多少丁寧に掃除をしました。この家を建てるときの基本方針のひとつは、"機能性と実用性"であり、スタイルワン建築設計事務所のN氏とS氏との事前打ち合わせにおいて、種々様々なことを決定していくときには、"メンテンナンスの容易さ"を基準にしていました。今回あらためて、その効果を実感。いや~、良かった~。

例えば、床掃除。24時間機械換気なので、基本的にホコリは少ないです。で、1階と2階にそれぞれクイックルワイパーと常備してあり、ぱぱぃが気がついたときに掃除してくれます。ついてにpesoriもワイパーが大好きで、お手伝いをしてくれます。ワイパーだととりきれない大きめのゴミは、掃除機で吸うか、小ぼうきでまとめます。ダイニングテーブルの下はpesoriの食べこぼしが結構落ちるので、小ぼうき&ちりとりが大活躍です。

我が家の床は無垢材ですが、耐水性とメンテナンスを考慮して、ウレタン塗装にしました。選考の経緯は、2007年11月15日付のエントリ"第6回打ち合わせ"をご覧下さい。天然オイル仕上げは本当に魅力的だったのだけど、我が家の生活からはウレタン塗装で正解。お手入れが楽。多少の水がはねても、こぼしても、拭けば大丈夫。こびりついた汚れも絞った雑巾で拭けば簡単に落ちるのです。

オガファーザー&デュプロン塗装もメンテナンスは簡単。玄関のたたきで誰かの足が壁についたらしく土の汚れがついていたのですが、絞ったタオル(というかpesoriのおしり拭き=ウェットティッシュ)で拭いたらたちどころに落ちました。はげた場合には、いただいている調合済みの塗装を指につけてチョンチョンとつければよいとのことです。

一番汚れやすいキッチンも、メンテンナンス性を考慮して色々決めたので、掃除は本当に簡単。ガスコンロはジョイフル本田で色々見て選んだリンナイのガラストップタイプ。受け皿がなくてフラットなので、IHと同じようにお手入れは拭くだけ。吹きこぼして焦げても、簡単に落ちます。

キッチンパネルは、油はねが冷えて固まるとべたべたになるのが個人的にキライなので、レンガ(正確には人工ブリック)にしました。一見手入れが大変なように思えますが、実はレンガはメンテナンスフリーなのです。レンガ内の気泡に油はねも吸収されるため、掃除は不要。もちろん経年の変化は"味"になるだけです。ガス台前の掃除を気にしないで済むのは、非常に気が楽。
写真は入居前の状態。いまはお見せできまへん(笑)
キッチンのレンガ

天板は、人工大理石。これまで使ってきた経験から、一番汚れが落ちやすいのが人工大理石だったので、決めました。落ちにくい汚れは、実は歯磨き粉が効果的。色はホワイトが標準だったのですが、少しブラウンがかったものを選び、これまた正解。

シンクは、comoシンクというものです。もともとINAXで決めかけていた理由がシンクだったのですが、それを伝えたところスタイルワン建築設計事務所のN氏が探してくれたのが、wellkitでも使用されているcomoシンクでした。これはINAXのシンクと全く同一の商品だと後から知りました。comoシンクはホワイトを選んだので、お茶の色などが結構染みます。でも、重曹もしくは液体クレンザーをシンクに振りまき、ナイロンたわしでゴシゴシすれば、あっという間にピカピカです。ステンレスより手入れが楽ではないかと個人的には思っています。

もちろん家というのは、毎日の掃除や、日常的な手入れ、メンテンナンスを行うことで、長く快適に住まうことができます。それでも無用な手間はかけたくないという方は、我が家のように設計段階からそのことを考慮されることをオススメします(笑)

それでは、みなさま良いお年をお迎え下さい。新年が穏やかで幸多い年になりますように!!

テーマ : 家作り日記
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

pesori

Author:pesori
pesori(8歳児)とぱぱぃ(夫)との三人暮らしでしたが、2010年夏に第二子誕生し四人家族になりました。
専門職としてフルタイムで働く母親です。


リンクフリーですが、コメントで教えていただければ尚嬉しいです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。