スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

確定申告と住宅ローン控除

在宅仕事と確定申告の書類作成で貴重な休日がつぶれたままぃです。やでやで。

で、住宅ローン控除というか、正式名"(特定増改築等)住宅借入金等特別控除"の話。下記は、ままぃが調べたり理解した範囲なので、正確な内容や申請方法については国税庁の"住宅借入金等特別控除を受けられる方へ"(PDF:2,196KB)をご覧いただくか、お近くの税務署までお問い合わせ下さい。ちなみに確定申告書の作成には、確定申告書作成コーナーが便利です。

ままぃは、諸般の事情により毎年確定申告を行っているのですが、当然のことながら住宅ローン控除は初体験。まずは上述の"住宅借入金等特別控除を受けられる方へ"に目を通しました。仕事柄、官公庁の発信するこの手の文書は読みなれているのですが、それでもわかりにくいっ。

適用対象要件や適用除外要件を見て、我が家の場合は対象になることを確認。次に必要な書類を確認します。

共通して必要になる書類
イ 金融機関等から交付を受けた「住宅取得資金に係る借入金の年末残高証明書」(2ヶ所以上から交付を受けている場合は、そのすべての証明書)
ロ この控除を受ける方の住民票の写し
(注)給与所得者の場合は、上記イ及びロのほかに、勤務先から交付を受けた源泉徴収票(原本)も確定申告書と一緒に税務署に提出する必要があります。

出典:"住宅借入金等特別控除を受けられる方へ"(p.12, 7-1)

えっと。つまりイは、ローンを借りている銀行等から届いているローンの年末残高証明書ですね。ロの住民票はいうまでもなく。我が家のように共有名義で各々単独ローンの場合は、控え(コピー)でOKとはいえ、住民票はそれぞれに必要となります。さらに我が家は二人とも給与所得者なので、源泉徴収票も必要。なお源泉徴収票は原本提出なので、自宅用にコピーを確保しておかなくてはなりません(職場で再発行してもらうのは面倒くさい上に、確定申告以外は、原本ではなくてもOKな場合がほとんど)。

さらに住宅だけのローンの場合と、土地+住宅の場合、さらに中古家屋の購入の場合などのように必要な書類は変わってきます。我が家の場合は家屋だけになります。

家屋の新築又は新築家屋の購入に係る住宅借入金のみについてこの控除を受ける場合
家屋の登記事項証明書、売買契約書の写しなどで、家屋の新築年月日又は購入年月日、家屋の新築工事の請負代金又は対価の額及び家屋の床面積を明らかにする書類

出典:"住宅借入金等特別控除を受けられる方へ"(p.12, 7-2)

はて。一読すると、登記事項証明書が必須のように読めてしまったのですが、ここでのポイントは次の3つ。つまり、「家屋の新築年月日又は購入年月日」と「家屋の新築工事の請負代金又は対価の額」と「家屋の床面積」です。この3項目が明記されている書類ならば、OKということです。

「新築年月日」と「家屋の床面積」を証明する書類は、表題登記のときにスタイルワン建築設計事務所さんからいただいた引渡し証明書もありますし、保存登記後の登記事項証明書もあります。

ここで困ったのは、「家屋の新築工事の請負代金又は対価の額」についてです。いえ、通常のハウスメーカーさんや工務店さんにお願いして建築したのなら、全然困る点ではないのでしょうけれど、何せ我が家は分離発注。それぞれの業者さんに個別に支払っているので、対価の額がそのまま記載されている書類はありません。

そんなわけで久しぶりにスタイルワン建築設計事務所で担当していただいたN氏に電話して、他の方がどうされてきたのかお聞きしました。そのお答えは、各々の業者さんに支払ったときの振込通知や通帳のコピー等でみなさん対応されているとのことでした。あ、確かに事前打ち合わせのときに、そのようなお話をお聞きしていたような…。すっかり失念していました。

我が家では、全ての支払いをオンラインバンキングで行ったので、全件の振込確認書をPDFで確保してあります。要は、これを全て印刷していけばよいわけですね。なお税務官にわかりやすいように一覧を作成して一緒に添付する予定です。

そんなわけで、分離発注で一番面倒なのは、建築費用の総額の積算かもしれない、と思った次第です。しかし税務において"請負代金等"という記載になっていることは、やはりハウスメーカーや工務店と請負契約を行うことが、この国の家づくりの前提なのだなぁとあらためて実感してしまいました。個人的には、分離発注の方が本来の姿だと思うのですが…。

これから分離発注で建築される方は、各業者さんへの支払いについて金額を証明できる書類(振込通知書等)を確保されておくことをおススメします。あれ、でも各業者さんとの個別の契約書にも金額は記載されているから、そちらのコピーでも大丈夫なような?

テーマ : 家作り日記
ジャンル : ライフ

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

グレーゾーンに挑戦!住宅ローン攻略マニュアル最新版

不動産業者の必須バイブル!「新・中間省略登記」を追加しました。信用情報などに関する裏話の『ブログ』を開設いたしました。今年に入って金融機関の審査の厳しくなった項目として多いのは、■カードローン等の他の債務の状況や返済履歴逆に審査基準が緩くなった項目とし...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

pesori

Author:pesori
pesori(8歳児)とぱぱぃ(夫)との三人暮らしでしたが、2010年夏に第二子誕生し四人家族になりました。
専門職としてフルタイムで働く母親です。


リンクフリーですが、コメントで教えていただければ尚嬉しいです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。