スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スタイルワン建築設計事務所に出会うまで nr.2

昨日のエントリのつづきを書くため、調子にのって連日登場のままぃです(笑)

展示場巡りを始めてまもなくの頃、もともと住宅の新聞折り込み広告の間取りを見るのが大好きなままぃは、上田康允"安らぐ家は「間取り」で決まる"(成美堂出版,2005)という書籍を偶然書店で見つけて、購入しました。この本は、実際的な内容が満載で、通風計画や採光計画、照明の位置等の基本的な知識から、実際の部屋の間取りまで、色々と参考になりました。我が家でウォークインクローゼットをなくして、着替え室という名のタンス部屋を確保したのも、何ヵ所かのコンセントを照明のスイッチに入れ込んだのも、本書のアイデアをもとにしています。

"安らぐ家は「間取り」で決まる"の最初の方に、"どんな工法で、どこに依頼すればいいのか?"という節があり、ここで著者の上田氏は次のような手順を紹介しています。

私が良いと思う依頼の手順は、次のようなやり方です。
1.住宅雑誌や家の本などをよく見て、勉強する。
2.いろいろなメーカーや工務店、あるいはデザイナーの家を見学して、目を肥やす。
3.友人・知人の家をできるだけ多く見る。
(以上の123に1~3年かける。これである程度、構造とかプラン、あるいはデザイン感覚の良し悪しが分かるようになります。)
4.気に入ったハウスメーカー・工務店・デザイナーを3社に絞る。
(略)それぞれのジャンルから1社ずつにするか、同じジャンルから選ぶ。

出典:上田康允"安らぐ家は「間取り」で決まる"(成美堂出版,2005),36頁



特に"あっ!!"となったのが、最後の4です。ままぃは北欧住宅の快適さを求めており、ぱぱぃは木造住宅を希望し北欧住宅のような住まいで異論なし、二人で共通していたのは"夏暑くて、冬寒い家は二度とごめんだ"という気持ちでしたので、"北欧輸入住宅(高気密高断熱)"をキーワードに、そのジャンルで比較すればよいのでは?ということに気がついたのです。

そこからは"北欧輸入住宅"等を標榜している住宅会社や工務店等を検索しては、片っぱしから資料請求をかけて、近隣に展示場があれば見学にいきました。でもまだスタイルワン建築設計事務所には辿りつきません(笑)

またまた続きになります。多分次回にはスタイルワンさんに到着するはず…?


安らぐ家は「間取り」で決まる安らぐ家は「間取り」で決まる
(2008/06/06)
上田 康允

商品詳細を見る

テーマ : 家作り日記
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

スタイルワンとの出会い

こんにちは。はじめてコメントします。
現在スタイルワン設計事務所にて基本設計を進めている施主です。
我が家も展示場巡りを繰り返し、関連本も随分読んだところも一緒です。「安らぐ家は間取りで決まる」も読みました。
唯一違うのは、かなり早い段階からハウスメーカーだけでなく設計事務所も依頼先の一つとして考えていたこと、です。
次回、劇的な出会いの場面を期待して読ませていただきます。
(我が家が当初相談していたMさんは契約前に急逝されて大変驚きました。)
プロフィール

pesori

Author:pesori
pesori(8歳児)とぱぱぃ(夫)との三人暮らしでしたが、2010年夏に第二子誕生し四人家族になりました。
専門職としてフルタイムで働く母親です。


リンクフリーですが、コメントで教えていただければ尚嬉しいです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。