スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワイヤレスカメラを改造してみる

ぱぱぃでございます。

ままぃが出てこないのをいいことに回路ネタを書きます。
私、ガキのときから宇宙に興味がありまして、大人になってからなんですが、
星座の赤外線撮影をしたいなぁと思っています。

それとはちょっと違いますが、手持ちにヤフオクで買った安物の小型ワイヤレスカメラ(カメラ+受信機のセット)
ワイヤレスカメラ
がございまして、ふと改造してみたくなりました。(というか、フタを空けたくなった...)

で、あけました。CMOSイメージセンサと無線送信部に分かれていました。
カメラ内部
CMOSイメージセンサ部はこんな感じになっています。
CMOSイメージセンサ
このセンサの前にレンズがきます。このレンズに四角いガラス板があります。
赤外線フィルタ
このガラス板を外してみましょう。
赤外線フィルタ除去
実はこのガラス板、赤外線カットフィルタです。
赤外線フィルタ本体

この状態で元通りにフタを戻し、レンズをまわしてピント調整すると赤外線を感知するようになります。
ピント調整

(別途赤外線投光器があれば暗闇でも撮影できます)
赤外線投光装置

テーマ : 電子工作
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

pesori

Author:pesori
pesori(8歳児)とぱぱぃ(夫)との三人暮らしでしたが、2010年夏に第二子誕生し四人家族になりました。
専門職としてフルタイムで働く母親です。


リンクフリーですが、コメントで教えていただければ尚嬉しいです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。