スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電気工事

ぱぱぃでございます。

4/1からままぃが育休から復帰しました。
4/1はまだならし保育ではないので私がお休みして半日8ケ月児(モチモチくん)に
付き合っていました。

それはそうと、うちは流しの袖壁にコンセントがあるのですが、
住んでいるうちにこの逆側面の下部にあったほうが使いやすいと
いう結論になっていて、この日に工事しようと決めていました。

ということで、ままぃが出勤後すぐに「もちもちくん、そこで
見とき」と言って手持ち資材でコンセント増設工事をおっぱじめました。
もちもちくんがウダウダ言いはじめるので突貫工事です。

流し側コンセント

まずは、流し側コンセントのカバーをはずしてスイッチボックスがネジ留めされている
間柱などの具合を調べます。(ボックスは左側でネジ止め固定)

流しスイッチボックス

では反対側の工事にうつります。
5円玉の下げ振りで間柱のつら面を出します。(貧乏くさいですが、これでもつら面がわかる)

位置決め


廻し引きで横60mm、縦95mmの四角をくりぬき、流しのほうからVVFを突っ込みます。
VVF通線

ホーザンのワイヤストリッパで被覆をはぎます。
VVFの処置

スイッチボックスをねじ止めします。
スイッチボックスの固定

流し側のコンセントに繋ぎます。
流し側VVF処置

カバーを付けて完了です。
フルカラー取り付け

テーマ : 家作り日記
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

pesori

Author:pesori
pesori(8歳児)とぱぱぃ(夫)との三人暮らしでしたが、2010年夏に第二子誕生し四人家族になりました。
専門職としてフルタイムで働く母親です。


リンクフリーですが、コメントで教えていただければ尚嬉しいです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。