スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Geiger Counter(その10)

ぱぱぃでございます。

さる6月11日、「ガイガーカウンタ・ミーティング」が開かれました。
ままぃの協力の下、当方もブツ(参号機)を持って校正に行ってきました。

最初は、袋に入った某所の「土」の線量を持参した製品、自作品で測ってみる
コーナーで参号機を近づけますと...
「バリリリリリリリリリリリリリリリリリリ......」
ちょっ、4.3uSv/hって出るんすけど...
「これはどこの土ですか?」と聞くと、
「飯舘の土で4.5uSv/hです...」

また、負けじとさらにスゴイ線量値を示すのが、昔の一眼レフカメラの
レンズで、屈折率をよくするためトリウムが入ってるとのことです。

そのあと、他の自作系の方々とお話などして、
最後に、簡易鳴き合せ会場に行きました。
中心にあるのがセシウム137のγ線源で、中心から15cmが0.6uSv/hの
ライン、30cmが0.2uSv/h、60cmが0.1uSv/h(ほぼバックグランドの
線量と同じ)となっています。
GCM11Jun2011
11日の時点で、15秒ごとにCPM値を更新しSv/hの近似計算&LCD表示を行う
ソフトを乗せた参号機で計測したところ、0.6uSv/hまで結構いい値が出ました。

その後、今日までにオシロ波形確認などを行ってH/WとS/Wの改良をしたものが
また旅に出ようとしています。

テーマ : 電子工作
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

pesori

Author:pesori
pesori(8歳児)とぱぱぃ(夫)との三人暮らしでしたが、2010年夏に第二子誕生し四人家族になりました。
専門職としてフルタイムで働く母親です。


リンクフリーですが、コメントで教えていただければ尚嬉しいです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。