スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Geiger Counter(その12)

ぱぱぃでございます。

GM管式でどれくらいの線量までリニアに感知できるか?
自作の方は特にそう思っておられると感じておりますが
いかがでしょう?

実際のところどうかというと、GM管自体はSpec上1mSv/h
までいけるとなっていても、1uSv/hあたりまではそこそこ
校正されたシンチレーション式と同じくらいの値で検出
できますが、1uSv/h以上のレベルになると回路の作り方
にもよりますがリニア性が無くなり、校正された線量計
の表示値より下回ることになったりしているのでは
ないでしょうか。(GM管、1本ごとのばらつきもあって、
自作品も校正が必要)

なので、フィールド試験で得た表示値差分をもとにミドルウェアを
修正して、補正演算を行って線量値表示するように変更
しました。(演算制御変数群はEEPROMエリアに置き、後で
MENU制御スイッチによってこれらの定数を変えられるように
しつつあります。)


テーマ : 電子工作
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

pesori

Author:pesori
pesori(8歳児)とぱぱぃ(夫)との三人暮らしでしたが、2010年夏に第二子誕生し四人家族になりました。
専門職としてフルタイムで働く母親です。


リンクフリーですが、コメントで教えていただければ尚嬉しいです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。