スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第12回打ち合わせ

2008年3月15日(土) 11時00分

最近は、月1回の打ち合わせで定例化。ままぃの仕事が忙しくて日程が確保しにくいのと、着工時期に対して打ち合わせの内容が十二分に進んでいるため。今日の打ち合わせで打ち合わせなくてはいけないことはほとんど終わってしまったような。残るは、引越しの準備か!?

今日は、スタイルワン建築設計事務所に伺って第12回打ち合わせ。出かける前に、引越しプレ準備のための片付けを1時間強行ったので、すでにクタクタ。もともと過労気味の状況でもあり、打ち合わせ最後の方は"もう何でもよいです"状態に陥ってしもーた。てゆうか、畳のヘリやふすまの柄なんてこだわりないので、何でもよいのだ。ぱぱぃに回答をまかせたら、"松竹梅グレードがあるなら竹と梅の間あたりでお願いします"と。素敵だ(笑)

今日のお題は、主に内装。

まず窓について。vest techについてはそろそろ発注するとのことで、最終確認。対ユーロの円高を切望。階段の窓の高さを開閉できるように手が届く位置にすると、2階のほかの窓の高さと合わなくなり、外観上おかしいことに気づいたので、ここは美観をとり高さを合わせていただくことに変更する。階段の窓の外側の清掃なんてほとんどする余裕はないし、必要なときに開けられればどうにでもなるだろう。

その他、型ガラスにする窓を確認。vest techの外側塗装の色は、二人で同時に"ウォールナット"を指差し、窓関係はたちどころに完了。

次に、共同図書室のドア。共同図書室というのは、ぱぱぃもままぃも育児が一段落して時間に余裕ができたら、できればまた勉強を再開したいと願っている。だけど、全員が個室を持つ広さはないし、重複して利用できる書籍や資料もあるので、それならば共有の勉強部屋をつくろうと思ったのが共同図書室。

その共同図書室には、アップライトのピアノが設置される予定。図書室にピアノは矛盾しているようだけど、そこは家族同士だし、誰かがピアノを弾くときに静かに勉強したいヒトはリビングでも子ども部屋でも好きなところに行けば良いだけだろう。

そのようなわけで、ピアノが置かれるので、共同図書室のドアは室内ドアだけど、防音性の高い輸入の玄関ドアを使う提案を受けていた。ところがこのドアの有効内寸が660mmなので、ピアノやデスクを運びこむときにギリギリでは?ということになり、パイン材の親子ドアに変更。防音でなくなってしまうのが難点だけど仕方ない。帰宅後にぱぱぃが計測してくれたところ、ピアノの幅は645mmだったので、親子ドアに変更して正解。ちなみに対外的な防音対策は、もともと高気密高断熱住宅で防音性は高いので、特には必要なし。

で、本題の内装。

室内の壁は、オガファーザーをメインにすることに以前決定済み。オガファーザーは再生紙とウッドチップから作られているドイツ製の壁紙。調湿効果にとても優れているらしい。実はスタイルワン建築設計事務所さんと出会う前から気になっていた製品だったので、何も希望する前に"オガファーザーはいかがですか?"と提案を受けたときには、とても嬉しかった。

オガファーザーには表面の凹凸の出方の違いにより、ラージ/ミックス/スモールの3種類がある。このなかから、メインの使用にスモールを選び、塗装は天然塗料のデュプロンのクリーム3%に決定。我が家のほとんどの壁は、この組み合わせになる。ものすごくシンプル。ただ、子ども部屋には少し色をつけてあげたかったので、ミックス+デュプロンの黄土色3%に決める。スウェーデンのおうちみたいにブルーとかピンクとかの鮮やかな壁紙の子ども部屋も素敵だけどね。もう少しpesoriが大きければ、自分で選ばせてあげられたのに、残念。デュプロンは塗り替えが可能なので、成長したら自分で塗りなおしてもらおうかな。

次にオガファーザーを使用しない部屋の壁紙を選択。TOLIの自然素材系のカタログを用意していただいていたので、その中から選ぶ。1階トイレは、竹炭ケナフウォールのWEN7132という若干凹凸のある薄いオレンジ系。2階トイレは、同じシリーズの色違いでWEN7133という薄いブルー系。2階洗面所兼脱衣室兼洗濯室は、アースウォールWEN7036という薄いグリーン系。これはなかなか素敵な色なので、楽しみ。2階納戸兼着替室は、アースウォールのWEN7049という若干縦縞の入ったもの。この部屋はおそらく壁はほとんど見えなくなる予想。1階の和室(客間)は、砂壁調でちょっと明るめWEN7070、2階の和室(寝室)は砂壁調深緑色のWEN7069にそれぞれ決定。

内装で最も影響力の大きい壁紙をこんな短時間であっさり決めていってよいのか!?という気持ちもないわけではないけれど、基本的に室内には家具やカーテンなど様々な色やデザインが入り込んでくるので、壁紙はシンプルな方が良いと考えていることと、相変わらずぱぱぃとままぃの方向性ほとんど一致しているので、どちらか(主にままぃ)が"コレかなぁ~?"と指差すと、ぱぱぃが"あっ、先に指しよったな。やはりそれやと思ったで"という調子。

ちなみに畳のヘリはぱぱぃに決めてもらったけれど、ふすまはもう選ぶ気力がなくなっていたので、スタイルワンN氏に候補を提案していただくことにする。

持ち帰りの課題として、施主支給工事を含む電気配線図の第一案ができていたのでいただく。スイッチとコンセントの位置は非常に重要なので慎重に検討が必要。これは主になぜか電気工事士の資格を持っているぱぱぃの担当で、かねてより入手を依頼していた松下電工の電設資材カタログをN氏より頂く。帰宅後に、"やっとワシの出番やな"とつぶやいていたのだけど、あれっ?もしかしてもっと自分で決めたかったのかなぁとままぃは反省。そうだよね、一致することに安心しすぎてはいけないよね。わかった!! 次回以降の打ち合わせの主導権は渡したから、よろしくね、ぱぱぃ。

テーマ : 家作り日記
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

うちも

オガファーザーです。ラージ/ミックス/スモールのどれかは・・・忘れました。どれだっけな?
きっときもちのいい壁になりますよ。たのしみですね。

きけろ様

ををっ、きけろさま邸もオガファーザーですか。
きもちのよい壁になるのですね、楽しみです♪
塗装もされましたか?

No title

うちは、塗装してません。最後に予算が足りなくなって、塗装費用をカットしました(泣)。
でも、塗装無しでも違和感ないので満足してます。

きけろさま

塗装なしでも良い感じですよね~。
設計事務所からも色ナシでも大丈夫ですよと言われました。
迷いましたが、汚れ防止のためにも一応色をつけようと計画しています。
あとは我が家も予算次第かな…。
プロフィール

pesori

Author:pesori
pesori(8歳児)とぱぱぃ(夫)との三人暮らしでしたが、2010年夏に第二子誕生し四人家族になりました。
専門職としてフルタイムで働く母親です。


リンクフリーですが、コメントで教えていただければ尚嬉しいです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。