スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

引越狂騒曲の効能

引越しネタが連続しているのだけど、その間にも地盤調査と地鎮祭の日程が確定したり、細かいところに進捗がある。来月の今頃には、今住んでいるこのおうちは半壊状態になっているのだなぁと思うと、ちょっと感傷的になってみたり。でも和室の畳は歩くと一部べこっとへこむし(畳の下がダメになっている証拠)、フローリングの床もあちこち凹みを感じるし、やはり空き家になっていた期間があるおうちは痛みが早く、建替を決めて正解だったと思う。とはいえ多少の空白期間はあれども43年間も"家"としてしっかり機能していたのは、もともとがとてもしっかり造られたおうちだったためなので、このおうちにちゃんと感謝してお別れしたい。

荷造りをしていて、玄関クローゼットにしまっておいたコートは湿気で変色してしまったことを発見し、涙。新しいおうちは24時間全館空調の予定なので、こういう出来事は起こらなくなるはずなのだ。

ちなみに引越しの効能。それは、"買い物をする気が全くなくなる"ということ。

多分に活字中毒の傾向があるままぃだけど、あれだけ書籍の箱詰めに消耗した後では、書店に立ち寄る気すら起きないぞ(笑)

テーマ : 家作り日記
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

長く住んだ家にお別れするのは何とも感慨深いですね。
私は持家でないのに引っ越しの際に感傷に浸ってしまうことがあります。

けんけんさま

ネットが昨日まで使えなかったため、レスが大変遅くなりました。

そうですね。あの家に住んでいたのは3年弱なのですが、
あちこち自分たちで手を入れて住み始めたので、
感慨深いものはありました。
プロフィール

pesori

Author:pesori
pesori(8歳児)とぱぱぃ(夫)との三人暮らしでしたが、2010年夏に第二子誕生し四人家族になりました。
専門職としてフルタイムで働く母親です。


リンクフリーですが、コメントで教えていただければ尚嬉しいです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。