スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第4回打ち合わせ

2007年10月28日(日) 14時00分
第4回の打ち合わせ。前回からしばらく時間が開いてしまったけれど、相変わらず楽しい打ち合わせ。昨夜メールで送ってもらった間取図と見積書をもとに仕様を確認していく。

間取図は、すでにほとんど問題なし。階段を100cm幅に広げたので、家のサイズもまた微妙に大きくなってしまった。でも2×6のおうちで家の増改築は難しいので、設備等で多少グレードダウンしてでも、家の広さは確保しておきたいねと、ぱぱぃとは話している。

見積書を見て、吃驚。えっ、この金額で収まるの?

いやいや絶対的な金額はもちろん決して安くないし、人生最大の高額な買い物であることには変わりがない。だけど、高気密高断熱の性能の高い家であり、こだわる箇所は仕様も結構贅沢なものになっている。ハウスメーカーで同レベルで家を建てようと思ったら、まずありえない金額だと思う。なるほど、これが分離発注の威力か~としみじみ実感する。

だけど分離発注の本当の魅力は、価格ではない。今回の見積もりはあくまで予算取りであり、これから予算の枠内で細かく仕様を決めていくことになる。見積もり上の仕様の説明を聞きつつ、こちらの思っていることや考えていることを伝えていくと、"それならばこちらのメーカーの方がよいかもしれないですね"とか"こういう方法もありますよ"などと細かく提案をしてもらえる。

例えば、エコキュート。我が家はエコキュートにするか、電力温水器にするか、まだ決めていないけど、一応見積もりには、A社のエコキュートが記載されている。2階に浴室の予定なので、"力のあるシャワーが好みでしたら、直流方式のB社の方がオススメです"などと言っていただけるのだ。これがハウスメーカーの場合だったら、直流方式という選択肢があることについての説明はなくて、提携している会社の製品の説明しか受けることができない。もし施主側が調べてB社を入れたいという場合には、対応してくれてもオプション扱いになって、費用はぐ~んと高くなってしまうのだ。

そんなわけで昨夜メールを受け取って以来、"設計事務所さんとの分離発注に決めて本当に良かったなぁ"としみじみ思っている。

さてさて、目下悩んでいる仕様について。

まずは、窓。スタイルワン設計事務所さんでは、通常輸入窓としては北米の"pella"と、北欧の"Vest tech"を扱っている。我が家は一応北欧風を目指しているので、現在の案は、"Vest tech"の木製窓をメインに、引違窓などは国産の樹脂サッシ"シャノン"を利用することになっている。

ここで問題になるのが、網戸との関係。"Vest tech"の場合は、作りつけになってしまい取り外しができない。ただでさえ準防火地区で網入りガラスなのに、網戸まで羽目殺しではせっかくの木製窓が台無し。

"pella"の場合は木製フレームの網戸も可で、さらに取り外しが可能。"シャノン"は国産なので、ロール網戸やアコーディオン網戸など色々ある。

S氏も"全館空調の家では、網戸を使用するのは年に1ヶ月程度ですよ"と話されていたし、"当面は網戸なし"という選択肢も含めて、とっても悩みどころである。

一番気になるのは、リビングの大きな引違窓。雰囲気を考えると、ここは一番木製にしたい場所。だけど、ここが一番網戸を必要とする場所でもあるのだ。多分、実用性をとることになると思うけど、悩む。

次の悩みは、外壁。1階部分だけレンガにするか、全部サイディングにするか。レンガにするなら、ベルギーレンガにするか、オーストリアレンガにするか。外壁は一番最後に予算で決める方が多いらしい。

屋根と、雨どいと、断熱は決定済み。

24時間空調は、導入することは決定済み。スタイルワンさんが通常扱っているのは、ダイキン。ダイキンの24時間空調の評判は、netで色々読んでいたので、N社などのよりダイキンの方がよいなあと最初から思っていた。ただ、除湿と加湿も常時?稼動するため、無駄な電力がかかってしまうとのこと。

pesoriが小さくて風邪をひきやすいし、ぱぱぃもままぃも喉が弱いので、加湿は重要。だけど除湿は、必要にエアコン側のドライを運転させればよいだけ。

そんなわけで、除湿はないけど加湿機能はある別のD社の空調システムを教えていただく。こちらの方が価格も安いらしいので、これはこちらに決まるかな。

2階の洗面台は、N氏が見つけてくれたNationalの収納もあって、シンプルなデザインのでほぼ決定。1階の洗面台は、実用性よりも少しデザイン性をとりたいので、IKEAにしようかなと考え中。

お風呂は、ユニットバスだけど、壁や床に大きなタイルが使用されている非常にマイナーな会社のもので提案を受けており、決定済み。有名大手のユニットバスは、浴槽が何故か丸いのが多くて、個人的には好きではない。この会社のは非常にシンプルだけど、なかなか洒落ていて、かなりツボにストライク。しかもめちゃくちゃ安いっ!!ぱぱぃが吃驚するほどの安さだった。

浴槽はFRPだけど、6万円upで人造大理石に変更可能。多分変更しないけど、ちょびっと迷ってみたり。

ちなみにこの会社のHPには、"バースのバス"というキャッチコピーがついており、関西人のぱぱぃは大受けしていた。

全体的に見積もりは、"どうしてこんなに高いの?"ということは全くなく、むしろ"えっ、この値段でこれが入るの?"という驚きの連続だった。これが原価らしいので、こちらが正しい値段で、いかに中間経費が高くつくかということなのだろう。

モノの値段というものについて、しみじみ考えてしまっている。

テーマ : 家作り日記
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

pesori

Author:pesori
pesori(8歳児)とぱぱぃ(夫)との三人暮らしでしたが、2010年夏に第二子誕生し四人家族になりました。
専門職としてフルタイムで働く母親です。


リンクフリーですが、コメントで教えていただければ尚嬉しいです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。