スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

着工60日目:内装ちゃくちゃく nr.2

2008年8月31日(日)
今週も仕事が忙しく、なかなか現場に寄ることができないため、少し遡って日曜日の状況。

我が家の外壁は、無塗装のサイディングを現場でベンガラ色に塗装することになっている。ちなみにサイディングは東レのタテスリーライン。

そんなわけでサイディングを貼る準備が進んでいる。そしてここまで巻き上げられていた足場のブルーシートが、今週はようやく下ろされた。おそらく実際にはすでにタテスリーラインが貼られていると思うのだけど、実際に見られないのが残念。
サイディング準備

これはキッチンの様子。紆余曲折の果てに決定した"wellkit"は今月下旬に設置予定。楽しみ~♪
キッチン

フローリング材も出番を待っている。我が家はカバの無垢材がほとんど全て。水廻りのみ竹材とタイル。カバ材は、本当は天然オイル仕上げとか、蜜蝋ワックスとかにしたかったのだけど、どう考えても現状の生活ではメンテナンスにかける時間的余裕が足りないため、実用性をとってウレタン塗装にしたのだった。こういうときは、ゆとりのない生活を送っていることが、うらめしい…。
フローリング

とりあえず足場が外れる前に最上段まで上ってみるのが野望。スタイルワン建築設計事務所のS氏からは"保険は入っていますが、くれぐれも気をつけてくださいね"といわれている。もちろん自己責任は承知の上だし、実際は多分最上段にたどり着く前に恐くてあきらめてしまうと思うけど。とにかくチャンスは今月中(笑)

テーマ : 家作り日記
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

野望ですよね

こんにちは お久しぶりです♪
工事が順調に進んでいるご様子、良かったですね。

足場に登ってみたい!っていうお気持ちわかります。私もそうです。
うちも以前、子どもが小さい頃(7~8歳)、現在住んでいる家の外壁塗装をしたのですが、
その時子どもがどうしても「足場に登ってみたい!」というので登らせた事がありました。
普通の親なら「危ないからやめなさい!」なんでしょうが、私ときたら
「うわ~凄い凄い!○○○高いね~。ほら、あっちの方にも回れそうだよ♪」なんて、楽しんで(けしかけて?)いました。

   注:良い子の親は決して真似をしてはいけません

pesori さんのお家でも、足場に登って眼下に見下ろす景色は、今後は決して見られる事が無いものです。
どうか、滅多に無いこの機会に、是非、お試しください!!

って、ジャパネット何とか風・・になってしまいましたが、くれぐれもお怪我の無いようにお気をつけてくださいね。

私も、こんな事言って、イザ登ってみたとしたら足がすくんでしまいそうですが(笑)

モデラートさま

こんばんは~。
上に書きましたが、今日野望を実行してきました☆
屋根を下に見るなんてことは、絶対今しかできないことだと思うので
(十数年後の塗り替えのときに登れるかもしれませんが)
本当に貴重な体験をしました。ホント気持ちよかったです!!

2歳児のお転婆施主のpesoriも階段大好きで、室内のはしごは登らせていますが、さすがに足場は恐いので、地上で待っていてもらいました。
7~8歳なら、本人が登りたがれば、我が家でもきっと登らせてしまうと思います(笑)
プロフィール

pesori

Author:pesori
pesori(8歳児)とぱぱぃ(夫)との三人暮らしでしたが、2010年夏に第二子誕生し四人家族になりました。
専門職としてフルタイムで働く母親です。


リンクフリーですが、コメントで教えていただければ尚嬉しいです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。