スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

滅失登記

本日は突然ぱぱぃがお届けです。

8/25、セルフ滅失登記をしました。
当家では最終的には郵送にて申請をしたのでメモとして流れを書いておきたいと思います。

当家では一度法務局に行って話を伺ってきました。
法務局(支所)に行くと総合窓口がありますので、「滅失登記をしたいのですが、提出書類の確認をお願いできませんか」とたずねてみました。すると「どこどこの窓口へ行ってください」と案内され、担当の方が出てきて必要書類を親切に教えてくれました。このとき、「また、おいでいただなくても郵送で結構です」と言われたので、そうすることにしました。

さて、書類の作り方です。
(法務局のページに提出書類一覧と記入例があります)

1. 登記申請書
 デパートなどの文具店で日本法令の登記書類セット(350円ほど)を買って、書き込んでもいいのですが、うちでは普通のOA用紙を使いました。
参考webサイトは「自分でできる不動産登記」です。
このサイトで登記事項証明書を見ながら不動産番号、家屋番号などを打ち込むと登記申請書のフォーマットができあがります。基本はこれをA4サイズでプリントすれば終わりです。
申請人印は実印を押します。
(登記事項証明書はハウスメーカからプランをもらったりしたときに一緒にもらっていたりしますが)

2. 申請人の印鑑登録証明書
  1通用意します

3. 取毀証明書
  解体屋さんからもらいます

4. 解体屋さんの印鑑証明書
  解体屋さんからもらいます

5. 解体屋さんの会社登記事項証明書
  解体屋さんからもらいます

6. 切手を貼った返信用長3型封筒
  登記完了通知を送ってもらうためのものです
  申請人の宛先を書いておきます

以上を用意しましたら、滅失登記を郵送申請する旨のトップシートをつけます。トップシートには、登記完了通知を郵送くださいと記入します。続いて、それらをクリアファイルにはさみ、A4封筒に入れ法務局(支局)宛に簡易書留で送付します。なお、送付封筒には「滅失登記書類在中」と記入しておきます。滅失登記は証紙などは必要ありません。
郵送後、法務局が現地確認をするそうです。(立会いは必要ありません)
当家の場合、1週間しないうちに登記完了証が届きました。

以上、滅失登記は思った以上に簡単でした。

テーマ : 家作り日記
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

pesori

Author:pesori
pesori(8歳児)とぱぱぃ(夫)との三人暮らしでしたが、2010年夏に第二子誕生し四人家族になりました。
専門職としてフルタイムで働く母親です。


リンクフリーですが、コメントで教えていただければ尚嬉しいです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。