スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

表題登記申請書を郵送しました

またまたぱぱぃ登場です。

本日、表題登記申請書を郵送しましたので、またまたメモとして書き残しておきます。
(ぱぱぃは脳細胞が少ないせいか、すぐに忘れてしまうので...)

事前準備である表題登記書類の確認は、ままぃがチャリをかっ飛ばして法務局にヒアリングに行って参りましたのでいよいよ本送付です。

例によって、用意するものです。

1.登記申請書
  「とりあえず何でも自分でやってみよう」のページに建物表題登記の方法が書いてあります。
  このページの「建物表示登記申請書の作成」の項に申請書のExcelシートがありますので、これをそのまま使用させていただきました。

  申請書の添付書類の欄は
  -申請書の写し
  -建物図面
  -各階平面図
  -所有権証明書(原本還付請求)
  -住所証明書
  と書きます。

  申請人の欄は、当方はぱぱぃ、ままぃの所有となりますので、

    田舎県稲作町字液肥123番地
         大飯 食蔵  「持分2分の1」     印

    田舎県稲作町字液肥123番地
         大飯 食子  「持分2分の1」     印

  とそれぞれの住所と名前を書きます。印は認め印でOKです。

  建物の表示の欄については「所在と主たる建物又は附属建物」の欄をスタイルワンさんからいただく「建築工事完了引渡証明書」を見て記入します。
(建築確認申請書の床面積と一致しているかも確認します)

2. 案内図

  住宅地図に建物の場所を記します。
  (ままぃが法務局に行ったとき、法務局の方が用意してくれたので、それを使いました。)

3. 住所証明書

  これは単なる住民票です。

4. 所有権証明書

  建築確認済証、建築確認申請書、建築工事完了引渡証明書、代金受領証明証のことです。

  建築工事完了引渡証明書、代金受領証明証はスタイルワンさんからいただいたものを使用します。
  建築確認済証、建築確認申請書については、原本(副)も一緒に法務局に送るのですが、還付してもらわないといけないので、あらかじめ複写を作ります。

  では、複写の作り方です。
  原本(副)より、下記のA4片面コピーを取ります。

  -確認済証(建築物)の項
  -確認申請書(建築物)の項 (第一面)
  -確認申請書(建築主等の概要) (第二面)
  -確認申請書(建築物及びその敷地に関する事項) (第三面)
  -確認申請書(建築物別概要) (第四面)
  -確認申請書(建築物の階別概要) (第五面)

  以上のコピーを取りましたら、上記の順に重ねて左側に二箇所ホチキス留めをします。
  続いて、各見開きに割り印(認め印)を押します。これはかなりコツが必要?ですので不要な紙を使って練習しましょう。
 (ぱぱぃは事務屋のスペシャリストのままぃから割り印がなっとらんやんけ!!と叱責を受け、チクショー、絶対押したるからなー!! と一休さんのようにトンチを捻りました...
 コツはコピーした書類にきっちり折り目を付け、その折り目(ホチキスで留めた重ねシロ部分)を分厚いカタログ2冊で挟み込むと割り印する面の凹凸が無くなり水平になります。また必要に応じてクリアファイルのような薄いものを使うとかなりいい感じでハンコがペタンと押せます。押せた後、「わし、本職も含めて今年最大のキメ仕事したで」という気分になったのは言うまでもありません...)

  最後に、一番後ろのページ(第五面)に下記の裏書をします。

   これは原本に相違ない

    田舎県稲作町字液肥123番地
         大飯 食蔵     印

    田舎県稲作町字液肥123番地
         大飯 食子     印


以上、所有権証明書についてでした。


5. 各階平面図、建物図面

 各階平面図の下に作成年月日と作成者の住所、氏名および印を押します。
 (共有名義の場合は作成者欄に二人分の住所氏名+印)
 建物図面の下には申請人の氏名を書き印を押します。
 (共有名義の場合は二人分)

6. 返信用封筒

  建築確認証などの原本は返却してもらわないといけないので、「簡易書留」のスタンプを押し切手を貼った大封筒を用意します。「簡易書留」印は郵便局で切手を買うときに窓口で押してもらいましょう。


以上を用意しましたら、「とりあえず何でも自分でやってみよう」のページにあるようにホチキスで留め、建築確認証の原本を添付して法務局に簡易書留で郵送します。

テーマ : 家作り日記
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

pesori

Author:pesori
pesori(8歳児)とぱぱぃ(夫)との三人暮らしでしたが、2010年夏に第二子誕生し四人家族になりました。
専門職としてフルタイムで働く母親です。


リンクフリーですが、コメントで教えていただければ尚嬉しいです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。