スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

着工101日目:足場解体/内部造作工事完了

週末は、友人たちが遊びにきたり、2歳児施主pesoriの保育園の運動会があったり、と行事が多かったので、こちらの更新はぱぱぃにおまかせでした。で、数日遡って、着工から100日を越した現場の様子。

2008年10月11日(土)
工程表では足場の解体は13日(月)の予定だったのだけど、現場に足を運んだところ足場の解体真っ最中だった。内部造作工事はすでに完了済み。大工のOさんにきちんとお礼をお伝えできなかったので、補修工事の折にお会いできるとよいな~と願っている。

そんなわけで噂の?スリット階段にも手すりがついて完成。
余談だけど、このような蹴こみ板のない階段は、スリット階段やストリップ階段、オープン階段などと複数の名称をもっており、googleのヒット件数は"ストリップ階段"が最も多く多数派のようである。だけど、ままぃは"ストリップ"という語感が好きではないので、"スリット階段"と表記することにしているのだ(笑)
ストリップ階段 

クローゼットも扉がついて出来上がり。
クローゼット

共同図書室の造作本棚。ちらりと写真にも写っているけれど、この棚の下は階段下収納。もともと階段下収納は高さはあまり確保できないので、下部が開口になる。そうすると開口部の上がデッドスペースになってしまうので、造作本棚をお願いすることになったのだ。ちなみにこの本棚にはあまり重い書籍を置く予定はないので、ここもダボレール。
造作本棚

2階ホールから見上げた小屋裏の採光用窓"牢座敷"にも、先日の確認どおり横棒が追加された。
牢座敷

キッチンのガスレンジ前よう壁と立ち上がりには、レンガの施工が開始されていた。レンガといってもホンモノではなく、人工ブリック。でも見た目に遜色はナシ。
キッチンレンガ

同じタイル屋さんなのか、1階トイレ&洗面所の床にはタイルの施工が開始していた。2階は完了済み。
1階トイレタイル

他には、クロス貼り前の壁面下地処理が進んでいた。下地処理とは、石膏ボードを留めているネジの頭の部分やボードの継ぎ目の部分をパテで埋めた後で、ヤスリをかけて、平らにしていく作業。クロス貼り経験者のぱぱぃいわく"しんどい作業やで~"とのこと。
壁面下地処理

で、出番を待っているオガファーザー。我が家はほとんど全ての壁にこれが貼られる予定。うす~くクリーム色で塗装をお願いしているだけなので、非常にシンプル。だけどカーテンや家具などでたくさん色が入ってくるので、壁のクロスはシンプルな方が飽きがこないというのが我が家の考え方。
オガファーザー出番待ち

室内ドアも出番を待っている。
室内ドア出番待ち

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

pesori

Author:pesori
pesori(8歳児)とぱぱぃ(夫)との三人暮らしでしたが、2010年夏に第二子誕生し四人家族になりました。
専門職としてフルタイムで働く母親です。


リンクフリーですが、コメントで教えていただければ尚嬉しいです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。