スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

表題登記のその後

2008年10月23日(木)
昨日首尾よくローンの最終の申請手続きを完了し、ほっとしたままぃです。滅失登記と表題登記を自分たちで本人登記し、本当は保存登記も行いたかったのだけど、保存登記を済ませないと抵当権設定ができず、ローンの実行に間に合わなくなるので、保存登記と抵当権設定はまとめて銀行さん御用達の司法書士さんにご依頼。

昨日はその司法書士さんも銀行にいらしていただいていたのだけど、分離発注や本人登記の話をしたら、驚かれてしまった。法務局の裏話などもお聞きして、なかなか楽しかったり。

で、今日の昼休みに法務局からままぃの携帯電話に入電。ま、まさか、何か問題でも?

法務局 "ままぃさんですか?先日ご自分たちで表題登記されましたよね?"
ままぃ "はい、お世話になりました。" (うわ~、絶対何か修正だよ…)
法務局 "実は登記された住所に「○番地の○」と「の」が入っておりまして、登記のときは「の」は不要なんですよ"
ままぃ "はい" (あ、やっぱり。また行かなくてはいけなさそうだ…)
法務局 "こちらも気づかず登記してしまったので、申し訳ありません。そこで訂正をしなくてはいけないのですが、職権で修正してもよろしいでしょうか?"
ままぃ "ありがとうございます。よろしくお願いします" (あ、よかった)
法務局 "それでは、修正させていただきますね"
ままぃ "あの。明日司法書士さんが保存登記と抵当権設定のために伺うことになっていますが"
法務局 (なぜか笑いながら)"そのようですね"
ままぃ "何か支障はありませんか?"
法務局 "だいじょうぶです。その司法書士さんが気がつかれて、こちらにご連絡を下さったのです"

電話を切って、思わず爆笑!! 
登記官が気づかず登記してくれて助かったけど、司法書士さんよい仕事をしてはるな~。
そして、東京法務局某支局は、やたらにフレンドリーな感じだな~とあらためて思った出来事であった(笑)

テーマ : 家作り日記
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

pesori

Author:pesori
pesori(8歳児)とぱぱぃ(夫)との三人暮らしでしたが、2010年夏に第二子誕生し四人家族になりました。
専門職としてフルタイムで働く母親です。


リンクフリーですが、コメントで教えていただければ尚嬉しいです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。