スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カーテンのはなし

新居に越して早4日が経ち、どうにか最低限の生活ができる程度には荷物を出しました。でもまだリビングもダイニングもダンボール箱だらけで、いつになったら片付くのやらという感じ…。

さて、今日はカーテンのはなし。

我が家のカーテンは、スタイルワン建築設計事務所さんに紹介いただいた"KANON"さんにお願いしました。カーテンや外溝については、先輩施主さんも書かれているとおり、建築確認申請が許可されると、法務局でそれが閲覧可能になるため、カーテン屋さんやら外溝屋さんやら家具屋さんからのダイレクトメールが次々自宅に送られてきます。ぱぱぃもままぃも天邪鬼な側面があるので、そんな風にダイレクトメールを送付してくるお店には絶対頼む気にならず、封も切らずに消しポンしてゴミ箱行きでした。

まだ着工前の事前打ち合わせの頃に、スタイルワンのN氏から"カーテンはどうされますか?ご紹介もできますよ"と言っていただき、当時は全くカーテンのことなど頭に思い浮かばなかったので、虚を突かれた瞬間。そのお話を聞くまでは自分でお店に行って選ぶしかないのではと思っていたのだけど、新居は窓も多くて、せっかくステキなおうちにしてもカーテンひとつの選び方を失敗すると安っぽく見えることは理解していたので、スタイルワンのN氏にKANONさんをご紹介いただき、コーディネイトしていただきました。

まだ建築途中の頃に1度、竣工が見えてきた頃に1度、KANONのご担当のTさんとSさんに新居にいらしていただきました。2回目のときには見本をたくさんご持参いただいたので、まるで衣装合わせのようでとても楽しかったです。

どうでもよいですが、カーテン選びは、おそらく興味がない男性が多いような気がします。我が家もぱぱぃにpesoriをまかせて、ままぃが一任を受け、思う存分堪能しました。ま、結果的にはぱぱぃも大いに気に入ってくれたようで、めでたしめでたし(笑)

そんなこんなで取り付けられた我が家のカーテンはこんな感じ~。写真を撮影したのが、夜だったので、暗い写真ばかりでゴメンナサイ。

リビングとダイニングの滑り出し窓は、北欧調。ここは一番迷った箇所で、もっとくっきりした柄やインパクトのある色調のも捨てがたかったのだけど、毎日目にするものなのでシンプルで飽きのこないデザインを選びました。滑り出し窓は、シェードかロールスクリーンが一番合いますね。
リビング1

ちなみに上の写真の天井に設置されている黒いのはホームシアター用のスピーカー。しかしホームシアターが稼動するのはいつの日になることやら…。

リビングの掃き出し窓は面積が広いので、無地だけどやや光沢があり光の当たり方で色合いが変わって見えるものに決めました。KANONのSさんからは、もっと薄い生地で1枚仕立てを提案されたのですが、この窓は道路に面しており、家人がいるかどうかが一目でわかることは避けたかったので、透けないレースのカーテンと厚手のカーテンの二重にしました。実は二連の木製レールってどんなのだろう?と思っていたところ、非常に美しく仕上げていただき大感激!!
リビング掃きだし1

おそろいのクッションもつくっていただきました!! めっちゃ素敵です♪

リビング掃きだし


寝室は、西日が当たるので、遮光性と断熱性の高いハニカムサーモスクリーンを採用。これはスタイルワン建築設計事務所のN氏からお聞きしたときから、是非使ってみたい!!と決意していたもの。滑り出し窓の枠の内側に納めていただき、遮光性がUPしてます。ハニカムサーモスクリーンは、和室にめっちゃ合うのが嬉しい予想外でした。
ハニカムスクリーン

客間の和室は、変わった織りの生地でシェード。要するにままぃは、自己主張の強い柄物があまり好きではなくて、色合いとか織りとかを重視しています。
和室シェード

無地中心の我が家のカーテンで唯一の例外がpesoriの部屋。
pesori自身に選ばせたところ、これを選んだのでした。実はこれだけフランス製なので、確か単価は一番高いかも。だけどままぃもとても気に入ってしまったし、この柄ならば例えば中学生くらいになっても飽きずに使い続けられると思ったので、奮発。ちなみにこの柄のおうちは、我が家の外見に似ています(笑)
将来、日中に部屋で過ごすことも想定して、透けないレースのカーテンとの二重にしてあります。カーテンとロールスクリーンの組み合わせは、KANONさんからの提案。
pesori部屋1 pesori部屋2

リビング&ダイニングやハニカムサーモスクリーンやpesoriの部屋はやや奮発気味なので、他は無地で単価の安いロールスクリーンで収めました。ただ比較的低価格帯のロールスクリーンであっても、しっかりした生地で、色をきちんと選べば遜色はないな~と出来上がった我が家をみて満足♪
階段室

KANONさんは、一通り選ぶとその場で概算見積もりを算出して下さり、第一案では結構なオーバーとなったので、一部変更して費用を調整したところで、第二案の概算を出してくれました。おかげでその場で決定することができたので、時間が貴重なぱぱぃとままぃにとっては大変助かりました。

結果的には予算をちょっと?オーバーしてしまったけれど、窓の多さとカーテンの質と仕上がりからは、とても妥当というか、むしろお得な感じすらします。どこも美しく仕上げていただき、KANONさんにご依頼してよかったな~と思っています。スタイルワンさんに出会ったあとのいえづくりは、本当に"人"に恵まれて、入居まで辿りついたのでした。

えー、我が家のカーテンはいかがでしょう?本当は北欧の家庭みたいにシーズンで変えたいものだなぁと思いますが、そんな余裕は夢のまた夢…。老後の楽しみにします(笑)

テーマ : 家作り日記
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

ハニカムサーモスクリーン入れたんですね。
我が家も検討していたのですが、
かなり高価になってしまうので断念してしまいました。

どうですか、効果は?

たけのこ3姉弟のおとうさま

効果は、そうですねー、はにかんでいます(笑)

すみません、ぱぱぃが後ろで書けというものですから…。

遮光性はバッチリです。
断熱性はまだよくわかりませーん。
夏になればわかるかしら。
プロフィール

pesori

Author:pesori
pesori(8歳児)とぱぱぃ(夫)との三人暮らしでしたが、2010年夏に第二子誕生し四人家族になりました。
専門職としてフルタイムで働く母親です。


リンクフリーですが、コメントで教えていただければ尚嬉しいです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。