スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっとだけ回路を組んでみる

ぱぱぃでございます。

前回の「中身」、「防犯ネタ」の続きをチョロリと書きます。
(もはや建替え日記ぢゃないですが... )

よくみれば、うちのLANカメラ接続をしているデスクトップとノートPCにパラレルポートがございまして、ちょいとばかしこっちを使ってみようかという気になりました。(昔、このパラレルポートをECPモードで使ってLSIのテスト基板を操作していましたので。むろん、今でもそのような用途で使われています。)

ということで、ブレッドボードに部品(メインはただのバッファIC)を挿して、テスタで電圧を測って....
とりあえず完成です。無線チャイム出力をこの板に繋げ、ICの出力をPCのパラレルポートに繋げることになります。
PC_IF回路

さて、LANカメラ画像キャプチャソフトの作成に入ります。
まずはPCからパラレルポートをモニタしなくてはなりません。ここではFreeSoftのioscmを使用します。このソフト(sysとDLL)は単品で使用するのではなくて、VC++やVBから呼び出します。
↓ということで、パラレルポートの13番(Select In:入力,pull-up)と25番(GND)に1kΩの抵抗を差し込んでLPT1 Status Port:Address=0x379をReadしてみますとStatus PortのBit 4=0となり、抵抗を外してReadするとBit4=1となりました。
パラレルportの確認

つまりキャプチャソフトは、通常時ひたすらStatus PortのBit4を繰り返しReadする。Bit4が0になったらこのループを抜けてLANカメラから画像をキャプチャしファイルに保存する。そしてまたひたすらStatus PortのBit4を繰り返しReadループに戻るという動きになります。

防犯ネタ

やたらおひさしぶりでございます。
ぱぱぃでございます。

ちょっと書いていたら夜が更けてひどく眠くなってしまったので中途半端な文です。
スミマセン。(やる気なくてあいすみません。)
下記のようなネタがお好きな方、コメントにお書きくださいませ。
今後追記いたしますので...


先日、ぱぱぃの超知り合いがうちに来ました。最近、娘さんの自転車が自宅で盗難にあったということで、かつ、それがいい自転車だったので非常にムカついたとのことでした。話によると、盗難以外にも不審者が出るというこで、そこから突如セキュリティ装置の自作という話で盛り上がりました。

セ○ムとか...という選択は?とお思いになる方もいらっしゃると思いますが、私たちは共に半導体屋なものですから、「あっ、あかん。こりゃ、作らなあかん。」となってしまうわけです。(絶対的に自作しなければならないという確固たる理由はないのですが。)

いつぞやご紹介したと思うのですが、
CCD/CMOSカメラ、キャプチャー装置が付いたPCが近くにあれば、割合簡単に動き感知型の防犯カメラシステムを構築することができます。ちなみに、建て替え前の家ではエアコンダクトからカメラケーブルを通してこのシステムを稼動させていました。
で、現住居ではどうなっているかと言いますと、小屋裏窓の上部にLANカメラ(無線/有線両用)が取り付けてあり、玄関から門周辺一帯を捉えています。この画像は別室に置いたPCにて動き感知し、動画をネットワークHDDに記録しています。

以下、小屋裏で話していた、今後試してみようというネタの概略です。

(1)数百万画素レベルの中古デジカメを使用する。
 画像の鮮明さを求めようとするとやはりデジカメでしょう。問題はシャッターです。この部分は改造してコードを外部に出し、半押し・全押しの状態を作らなければなりません。いわゆるレリーズ機能を作りこみます。シャッターのトリガには赤外線センサ(PIRモーションセンサーなど)を使用します。

(2)シャッターのトリガを電波で飛ばす??
 CCD/CMOS、LANカメラの画像録画開始トリガですが、画像処理による動き検出でなく、別途屋外に複数設置した赤外線センサの信号を使うという案です。赤外線センサの検知信号を無線で送り、PCでどこのセンサから送ってきたのかを判別し、所望の方向にカメラを向けて録画するといういうものです。

 これって単にカメラのトリガとして利用するなら、市販の赤外線ワイヤレスチャイム(ohmデンキ製あたり)の受信機から信号を取り出して、カメラのトリガ入力に入れればわりと簡単にできそうな気がします。(カメラのトリガ入力はいわゆるマイコンのGPIOだからカメラの制御ソフトでセンスレベルを設定すればよいだけか)

*GPIO: General Purpose Input/Output , 入力信号のレベルをサンプリングして、設定レベル(H/L)になるとCPUに割り込みをかけたり、CPUから設定したレベルをGPIO(出力ピン)から出力する回路。この回路は色々な機器のLSIの内部に搭載されています。

テーマ : 家作り日記
ジャンル : ライフ

セキュリティのはなし

本日はぱぱぃがお届けします。

着工46日目のcommentにCD管の用途を書きましたが、その用途としてセキュリティ装置のDIYがあります。そこで、今回は趣向をちょっと変えて、安上がりな監視カメラ・システムのお話をしてみます。
実はこの監視システム、旧宅でも昼間は誰も居なくなるため用心のため設置しておりました。

さて、用意するものです。

(1) パソコン
   → 常時起動なのでデスクトップがいいのでは
(2) ビデオキャプチャーボード
   → 中古で結構。私はcatch viewというUSBビデオキャプチャーの
     中古を使用しています。
(3) CMOSまたはCCDカメラ
   → 30万画素クラス。野外設置するとなると防水仕様のものを選びます。
     ホームセンターで入手できますし、ヤフオクでも5000~10000円程度で
     入手できます。
(4) カメラ延長ケーブル(RCAピンタイプ)
   → ビデオ信号+カメラ電源供給ができるもの。これまたホームセンター、
     またはヤフオクにて2000~3000円で入手できます。
(5)ビデオキャプチャーソフト
   → フリーソフトで「動体検知機能付きビデオキャプチャーソフト Live Capture!」
     というのがあります。

 これだけ用意したら、ビデオキャプチャーボード/デバイスに添付のViewerでカメラ画像が
映るのを確認します。そのあとLive Capture!を起動します。
Live Capture!には動体検知機能があり、文字通り、カメラの前で動くものがあると
それを検出して動画記録したりできます。また、自動で画像をMail送信することも可能です。


以上、ぱぱぃがお届けいたしました。



テーマ : 家作り日記
ジャンル : ライフ

プロフィール

pesori

Author:pesori
pesori(8歳児)とぱぱぃ(夫)との三人暮らしでしたが、2010年夏に第二子誕生し四人家族になりました。
専門職としてフルタイムで働く母親です。


リンクフリーですが、コメントで教えていただければ尚嬉しいです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。